鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

おなごだまかしじゃっどかい~?寒い朝が続きます

一週間前の金曜日は、まだ台風19号の強風域にも入らないのに
強風が吹き荒れていました。18号と違い東シナ海へ針路を進めて鹿児島には最悪の
薩摩半島上陸のシナリオに、これまでとどんなに違うのかと恐れていました。
ところが午前10時過ぎに枕崎付近へ上陸と報じられる少し前から、急に暴風が弱まり
正午頃は日が射して青空も見えてきました。台風の目なのでしょう。

a0126618_21021639.jpg
それからは吹き戻しもなく雨は降らず時折ピューと風の音がするだけで、通過していきました。
まったく何の被害もなく有難いでしたが、大騒ぎはどこへやらでした。
14日は急に冷え込み市内で13度、日中は最高気温が22度と低く、寒さを覚えました。
わが住まいは標高200メートルの高台なので、市内よりは2度は低いのです。
空は青く晴れ渡り、吹く風も冷たいこんな日は合う人が皆さん
「おなごだまかしじゃっかもね~」と言われます。
この言葉は昔からのこの季節の挨拶で男女とも使われているのですが
「急に冷え込んできたわ、冬支度をしなければ~」と、女性を慌てさせているかと思うと
後日気温が上がり「冬の衣裳じゃ暑すぎる~~!騙されたわ~!」となる様子を言うの
です。何せ「10月の裸日和」と言う、季節が逆戻りの言葉もある位の南国なのです。

股関節治療の整骨院から、頭髪へ紫外線を当てる治療の皮膚科へ行く道筋の庭には
鈴なりの柿の実がなっていました。柿の木通りと名付けましょうか。
a0126618_21273215.jpg
a0126618_21280083.jpg
a0126618_21291266.jpg
どうも渋柿のようです。
17日の今日もお天気が良くお墓参りに行きました。その前に大重谷水源と言う
名水にあるお蕎麦屋さんで昼食をして、お店の裏の湿地の小さな流れに何やらピンクの
小さな花を見付けました。初めて見るピンクの花はとげがなくそばに似た花です。
ミゾソバでしょうか~?
a0126618_21355812.jpg
a0126618_21353485.jpg
国道へ出る山間の道の横には棚田が繋がっています。台風で倒れた田には案山子が~
a0126618_21384255.jpg
もう刈り取られた田の稲はきれいに整えられていました。

a0126618_21403738.jpg
一番下の田の稲はよく日が当たるところに乾されていました。
a0126618_21410904.jpg
近所の裏庭に黄色のエンゼルトランペットの木2本を見つけて侵入しました
カメラをカシャカシャやっていると、小屋から黒いワンコが出てきてびっくり
まったく吠えず助かりました。ワンちゃんごめんね~!
a0126618_21432808.jpg
a0126618_21440066.jpg


[PR]
# by kagosima-e | 2014-10-17 21:49 | Comments(8)

19号台風はまっぽし(直撃)くっど~!元ちゃんの生姜の佃煮

この数日前から合う人毎、台風の話題で持ち切りです。
整骨院の院長が「患者さんでこれまで一番怖かったのはルース台風と
伊勢湾台風だと言っておられる方がいます」と言われたので「10月14日でしたね
私も一番怖い台風でしたと申し上げますと、「その方も日にちまでちゃんと言われましたよ」
「そういえばあなたと同じ年令だと思います。ひ日まで覚えておられるのは
よほど怖い思いをされたのでしょうね~」と言われるので、「私は伊勢湾台風には
合わなかったので、ちょっと幸せでしたね。と話すことでした。
まだ強風圏へも入っていないのに、昨日から風が吹き荒れています。
整骨院の帰りに生協へ行きましたら、かねての倍以上のお客さんが買物して
いました。何しろ台風が抜けるのは13日の火曜日までかかりそうですものね。
今回の進路は鹿児島県を直撃した後。西日本化や中国四国、東日本東北と
日本全国に大きな被害をもたらすのではないかと心配しています。
皆様の地方に大きな被害が出ませんようにとお祈り申し上げます。

先日義妹がおすそ分けの小ぶりな生姜を持って来てくれました。
干しシイタケや昆布巻き用の昆布、エリンギなどもありましたので、早速以前
元ちゃんに教えて頂いた、生姜の佃煮を作りました。
250g位の生姜でしたので、皮を除き小口切りにして沸騰したお湯で暫く茹でます。
茹で汁からざるへ取り、流水でもみながらよく洗います。ギュッと絞った生姜を 
砂糖大匙7 醤油大匙6 みりん大匙5 酒大匙5、シイタケの戻し汁100ccを
煮立たせた中に入れて、戻して小口切りの椎茸、エリンギ、ちりめんじゃこ、と共に
汁けがなくなるまで煮て、最後にカツオパック4袋入れ、仕上げに白ごまをふります。
今回は白ごまを忘れてしまいました。
生姜の佃煮が大好きな福井の娘に豚味噌も作り送りました。

ちなみに1㎏の調味料も書いておきます。
生姜1キロg 砂糖350g 醤油300cc 酒100cc みりん100g
生姜の茹で汁は捨てず、砂糖 蜂蜜など入れて、風邪気味などの時や、紅茶にも
お使いください。
生姜の歯触りがよくとても美味しくて、酒の肴やお茶請けにも美味しくいただけます。

a0126618_16120915.jpg


生姜の佃煮と生姜シロップジュース

a0126618_16122063.jpg


台風でツルムラサキや、トマト、ピーマンをやぶの中から取り込みました。
ミニトマトはとても持ちきれずㇷ゚ㇻのフルーツ皿を持ってきました。
ピーマンもやわらかい物が16個、今夜牛肉とカキ油で炒めます。

a0126618_16175408.jpg


しっかりしたミニトマトです

a0126618_16140336.jpg


ツルムラサキ

a0126618_16134010.jpg
a0126618_16180537.jpg


大きなホトトギスも咲き始めました。髪につける飾りのような~

a0126618_16192718.jpg
a0126618_16194063.jpg


風に揺れたキバナコスモスも満開です

a0126618_16211212.jpg


ルドベキア 三尺バーベナもまだ元気です。

a0126618_16213750.jpg
a0126618_16212563.jpg


なんとかマム 何とかを思い出せません

a0126618_16215288.jpg


この季節だけ咲く可愛いお花なのに思い出せず残念です。


[PR]
# by kagosima-e | 2014-10-11 16:25 | Comments(8)

台風18号はスルーしていきました

18号台風が太平洋を進んで来て奄美大島沖で右に曲がり、昨夜は強風域に入り
風が強く吹き付けて、雨戸を東側の窓に2つ出しましたが、正午を過ぎると
なぜか風がぱったりと止まり、台風はどこへ行ったとTVの画面で
確かめたりしました。午後4時過ぎると暴風圏にも外れてはいる事もなく
うまい具合にスルーしていきそうです。

63年前の小学6年生の秋10月14日に来たルース台風ほど恐ろしかった
台風はありません。2件続きの市営住宅へ住んでいましたが、父は戦死、弟も亡くなり
祖母と、母、妹の女性だけの4人家族でした。
台風となると大きな角材を台所の板の間と入口の戸にかませて、板戸が破れないように
したりで何時も台風に備えて大変でした。
ルース台風の時、台風の目に入り風がやみふと玄関を見てみると水が上がってきて
下駄がぷかぷか浮いています。「大変だ~!」と、2軒長屋のお隣に大声で
声を掛けましたが、お隣も向かい側の家も、既に避難して誰もおられず静かでした。
「このまま海に流されて死ぬのだろうか~」と思うと心細くて泣き出してしまいました。

「何を泣いているの畳を持ち上げて濡れないようにしなさい」と、母に叩かれて
それからみんなでミカン箱や机を持ち出して畳を潮水に濡れないように
持ち上げましたが、3枚くらいは間に合わず壁に立てかけたので下の方が30センチ近く
濡れてしまいました。
家は海に流されず、そのまま逃げた方々のお宅の畳は全部濡れて、使い物にならず
我が家は畳が濡れなかったので床が乾燥すると畳を敷いて休むことが出来ました。

台風が去った後の空には大きな満月が光っていたような気がしますが
ほかの台風の後の思い出と重なっているかもしれません。
台風の後の学校は軽石で埋まっていて、運動場の整備が大変でした。学級園の
さつま芋が沢山出来ていて、大きなお芋をみんなで分けてもらって帰りました。
その後にあった運動会では大きなコッペパンを頂いたのも思い出です。
それから50年後の同窓会の折、大きなさつま芋と大きなコッペパンの事を
話題にいたしましたが、だれも覚えていなくて「あれは夢だったのかしら~~いや違う」と
食い意地が張っていたのと嬉しかった、ルース台風のエピソードの一つです。

昔は台風銀座と言われた鹿児島ですが、近年はコースが直撃コースを外れることが多く
鹿児島県にとっては有難いです。

今年もスズメ用にくず米を頂きました。一斗袋でしょう、持ちきれません

a0126618_17250204.jpg


くずまいです。畑のしし唐辛くて食べられません、干してくず米の中に入れます
コクゾウムシや蛾の発生を抑えるために唐辛子を入れておきます

a0126618_17253084.jpg
a0126618_17264619.jpg
a0126618_17255309.jpg


雀たちは義妹宅の屋根で、一ッ葉の木の枝で私が出てくるのを待っています

a0126618_17305162.jpg
a0126618_17311356.jpg


くず米を庭に蒔いても石のテーブルに置いてもしばらくは用心して近寄りません

a0126618_17340202.jpg
a0126618_17344082.jpg
a0126618_17330670.jpg


良く見えませんが沢山のスズメがいます。
オキザリス桃の輝きでしょうか

a0126618_17263141.jpg


夫に抜かれて無くなったシュウメイギクの白い花が生き残っていて咲きました

a0126618_17372263.jpg


ゴクラクチョウカが花農家さんの藪で咲いていました

a0126618_17384803.jpg


フジバカマも咲いて

a0126618_17402432.jpg


我が家の小さい方のホトトギス

a0126618_17404361.jpg
a0126618_17410345.jpg


[PR]
# by kagosima-e | 2014-10-05 17:42 | Comments(8)

静かな職場とうるさいおやじ

股関節を痛めてお店の仕事は郵送して貰い、領収書のPC打ち込みや棚卸のPC打ち込み
領収書野ファイル貼りなどは自宅で済ませていました。
でもお客様の寸法帳に、ご注文頂いた生地を貼って有るのをはがして、これまで
お作り頂いた履歴を台帳に残す仕事は、どうしても店へ出向いてやらなければできません。
社長夫婦が東京へ出張した日に留守番を兼ねて店で台帳に貼る仕事をしました。
26年分くらいのお客様の履歴が載った台帳ですので、あ行でも3つのファイルに分けられて
それぞれがとても分厚く重いのです。あまり動かず手際よく処理して2日で仕事は終わりました。

昔自社ビルがあるときは、4と5階が工場と休憩室で、女性の職人さんも全員既婚者でしたので
楽しいお喋りや笑い声が絶えず、男性の職人さんたちは花札ゲームを楽しんだり
昼食時はとても賑やかだった記憶があります。

現在は70歳以上の職人さんが2人60台が2人、専門学校を出て就職した女性職人さんが2人、
24歳の今年就職した職人さんが1人、営業が1人の8人で工場を運営しています。
昼食時は食後高齢の職人さんは机の下に段ボールを敷いてお昼寝。
若い3名はスマホ片手に食事をして食後もスマホをそれぞれ楽しみ、皆でワイワイガヤガヤは
まったくありません。上品でとても静かな工場です。
おばちゃんとしてはお喋りするのも皆に迷惑かしらと口にチャックです。

うるさいおやじは我が家の夫です。
長男で常に人の先頭に立ち皆にあれこれ指図してきた人なので、人に指図されるのが
一番嫌いな人なのです。でも寄る年波には勝てず「物の名前や人の名前はなかなか出てきません」
とにかく私が「あれではないの?とかこれではないの?」と言うと「わかっている!」と
火を吹くように怒ります。近所の看護士さんに愚痴ると「すぐイライラ怒るのは糖尿病気質」と
教えてくれました。スポーツ観戦も応援している方が負けそうになると怒りまくり
悪口雑言を吐き散らします。夏の野球中継は夕食時TVを見ながら、飲みながらですので
楽しみながらスポーツ観戦したい私には、ほんとに嫌な時間です。
9時ごろになると自分の部屋のTVで自分の見たい番組を見に部屋へ行きますのでほっ!とします。
先日逸ノ城と稀勢の里との対戦があったときは、稀勢の里が待ったを2度して
あっけなく肩透かしで負けたのですが、その時の怒りはすさまじく「稀勢の里はやめろ」
「日本の恥だ」とか大声で叫びまくり側にいるのが嫌私はで逃げてしまいました。
サッカーでもなんでも楽しく観戦したいのにできないと、知り合いの若い方へ話しますと
「うちの主人も同じで、食事がおいしくなくなる。同じような人がいるのですね~」と
二人で慰めあいました。勝ったり負けたりしながらのスポーツを見るのは楽しいですよね。

今日は岐阜と長野の間の御岳山が爆発して、大きな被害が出ています。
早く救助の手が伸びるよう祈ります。鹿児島も市街地に灰が降り、広く視界が遮られました。

a0126618_18190511.jpg
ビルの間から噴煙が見えます
a0126618_18191743.jpg
花農家さんから頂いたオオホサキアヤメが咲き出しました
蕾も沢山あり次々咲き出します。一日でしぼむのが残念
a0126618_18202333.jpg
a0126618_18211396.jpg
きんもくせいが甘い香りを漂わせます
a0126618_18233695.jpg
a0126618_18232185.jpg
真っ白のヒガンバナが咲き出しました
a0126618_18245110.jpg
今年はイチジクがたった一個獲れました。イチジクの木にはカミキリムシが入りボロボロです
a0126618_18260580.jpg
花農家さんのゴマの花 水キキョウ
a0126618_18285654.jpg
a0126618_18291264.jpg
a0126618_18292718.jpg
ヒャクニチソウも元気です
a0126618_18310402.jpg
a0126618_18311576.jpg
ホウセンカもヘクソカズラが近い所に咲いていてびっくり~!
a0126618_18335335.jpg
a0126618_18333993.jpg
a0126618_18332501.jpg


[PR]
# by kagosima-e | 2014-09-27 18:35 | Comments(15)

秋風と共に去りぬ

台湾の下の辺りで停滞しているという台風16号、遥か彼方なのに昨日は一日中大雨と風が
吹き荒れました。国文の本の一節「野分きの風吹き荒れ」と言う言葉が頭に浮かびます。

17日の水曜日朝6時25分過ぎに義弟が入院している病院から電話があり
「血圧が低下してきているのでもう今回は持ち直さない方が強い」と事でした。
この半月くらい熱が39度以上になったり引いたりを繰り返していて、夫も週2~3度は病院へと
通っていました。吉野台地の端を降りて西へ進みまた西の丘をあがると
20分くらいで病院へ着きます。8時45分位いに着きました。
着いた時は88~89位をあがったり下がったりしていましたが、次第に下がる方が早くなり
9時9分苦しむこともなく安らかに静か旅立ちました。
21年秋山口県の萩市で倒れているのを管理人さんに見付けて頂き、社会福祉士が身内を
見つけてくれて、夫と二人で萩に行き、1か月後介護タクシーで鹿児島まで連れ帰り
用意した病院へ入院し、その半年後現在の療養型老人病院へ入ることが出来、
22年から4年間お世話になりました。その間脳梗塞を2~3回起こし胃が働かなくなり
胃瘻も出来ず点滴のみでこの1年生きてきたのです。果汁やアイスなど食べさせてやりたかったです
が嚥下能力がなく看護士さんが見守る中、アイスも3口くらいしか食べられず可愛そうでした。

義弟は昭和15年5月生まれで、74歳で兄妹の中の3人目で男兄弟の中では一番若い存在でした。
兄妹の中で一番頭がよく、鹿児島の有名進学校にを卒業して大学へ進学したのですが
学費を遊びに使い親が怒り退学させて、夫に生地の問屋へ就職させろと命令して
それからとうとう最後まで弟の世話をしつくしてしまいました。

葬儀社の一番新しい会館で私たち、妹夫婦、義弟と5名で静かにお通夜,告別式を執り行いました。
我が家の仏壇の前に祭壇を作りお花に囲まれて、お骨壺や写真を飾っています。
最低の料金での葬儀でしたが、祭壇へ20万、お通夜から告別式へ食事は全部持ち込みで
納棺に際しては、湯灌をして貰いシャンプーや綺麗に体も洗い、薄化粧をして、
義母そっくりの顔になり、夫が写真を撮れと命じましたが、それは出来ないと断りました。
皆の胸の中に穏やかな顔で眠っているのを記憶しているだけでよいのではないでしょうか。

今日は彼岸の入りでしたが、気温が20度も上らずとても寒いでした。
庭のヒガンバナを手折って、葬儀のおさがりの沢山のお花と共にお墓参りに行きました。
お墓の花やさんは鹿児島市の中心地にあるのですが、今年は雨が続き彼岸花の茎が伸びないと
市場に出されないので仕入できないと言われ、「お宅は良く咲きましたね~~」と感心されました。
ミソハギの中ベックらママの白いヒガンバナ、強い日差しに少し色がついています

a0126618_17272310.jpg
近所の白彼岸花
a0126618_17293694.jpg
我が家のピンクヒガンバナ
a0126618_17304322.jpg
ピンク芙蓉の根元の赤いヒガンバナ
a0126618_17315601.jpg
雨の中のヒガンバナ
a0126618_17323836.jpg
庭の隅の、黄色のヒガンバナ
a0126618_17342055.jpg
赤い芙蓉
a0126618_17361062.jpg
ふたつの芙蓉がこんにちは~!
a0126618_17370925.jpg
のボタンも咲き出して
a0126618_17380871.jpg
実家から移植したオールドのデユランタ
a0126618_17401218.jpg
コウリンタンポポが次々に咲いて嬉しい~~
a0126618_17410945.jpg
義妹の庭の、黒ほうずきが大きい花を付けています
a0126618_17431192.jpg
整骨院の隣の庭のセージ
a0126618_17442486.jpg
ピンクのツユクサ、トレニアも可愛い
a0126618_17450970.jpg
a0126618_17452997.jpg
台風がもっと西のコースへ進みますように~~~


[PR]
# by kagosima-e | 2014-09-20 17:46 | Comments(10)

長女一家もあっという間に

18日から21日まで長女と孫のイチローがやってきました。
18日は空港から霧島のホテルへ直行と、㋆そうそう言って来ていて
其の頃は痛みも取れているだろうと、心待ちにしていましたが痛みはなくならず
折角霧島へ行くのに歩けなくてはみんなに迷惑をかけると、今回は断念しました。
長女のface bookから写真をダウンロードして貼ろうとしましたが、だめでした。
次女たちはお天気悪く布団を干せたのは長女が来る日で、今夏は夏らしい
くらくらするようなお天気はありません。
お盆の頃はお精霊(しょろさ~)が赤とんぼに乗って帰ってくると言われて
いましたが、なぜか今年は赤とんぼの姿が見れません。
中一のイチローは小さく生まれてきて中々大きくなりませんでしたが
漸く私と同じ150センチくらいの背丈になり。声変りをしています。
じいと将棋を打ちますが、これまで一勝もしません。
ついに帰る日に最後の勝負で飛車角落ちで、じいが負けてにやり!でした。

a0126618_14483527.jpg
福井の一家はそれぞれ自分のバックをごろごろ引いてきましたが、こちらは
二人で取っ手を持ち荷物は機内持ち込みで、東京へ着いてからすぐバスへ
乗り込めるようにしているのだそうです。
でも着陸後バスに間に合わず、一時間待ちだったそうです。
a0126618_14492300.jpg
自由研究で桜島の事を調べると母子で出かけて行きました。姿が見えた桜島
a0126618_14264207.jpg
お昼はママが子供の頃から食べていた全国にも知られた「こむらさき」ラーメンで
a0126618_14271197.jpg
a0126618_14265707.jpg
空港は相変わらずお祭りのように混んでいました。
なぜかphptoが取り込めなくなりましたのでこのまま送ります。


[PR]
# by kagosima-e | 2014-08-24 15:02 | Comments(6)

あっという間に福井の娘一家が去り~

13日に福井から娘一家が帰鹿してきました。
13日までに布団を干したりタオルケットを干したりしたいのですが
11号台風の余波で日差しが戻らずやきもきしましたが、漸く前日の12日に
お天気になりそとに干すことが出来てほっ!でした。
朝から豚骨や冬瓜を煮たり、お盆のお味噌汁の「かいのこ汁」かつおの腹側の
唐揚げや野菜のから揚げ、おさしみ、豆腐の白和えなど作り大忙しでした。
足を踏ん張っていたのでしょう、夜はやはり痛みが出てしまいました。
次の14日はお墓参りや,日置市の江口浜海岸での海水浴、鹿児島では
大雨でしたが、海水浴場は雨も降らずお昼は持参のおにぎり弁当を食べて
沢山遊べて満足。いちき串木野市の湯の元温泉でゆったり温泉へ浸かり
満足して帰ってきました。
15日は天文館で「こむらさきラーメン」を食べて、白熊の小ぶりな「小熊」を
たべて、桜島フェリーで桜島へ、中腹の湯平展望台まで車で上がり眺めを
楽しんで帰って来ました。私と夫はいづれも留守番です。
14日は焼き肉、15日はイタリアンレストランで食事、babaはまた太りました。
IbuもHaもパパもママも、スマホやゲーム機を片時も離しません。
Haがいなかったらお喋りもないかもしれないそうです。
娘たちも成長するとラインなどの虜になり、家族の会話はなくなるそうです。
布団の上でゲームを離しません。娘のフラフープがまだ頑張ってます

a0126618_21411243.jpg
a0126618_21413618.jpg
a0126618_21472465.jpg
Ibuも
a0126618_21430276.jpg
海へ
a0126618_21443775.jpg


Haもバッグをごろごろ引っ張って

a0126618_21462609.jpg


帰る日も雨でした

a0126618_21490097.jpg
Ibuはじいもパパも抜いて一番大きくなっていました。
Haのバックはママの手作りです。Haのお古のパンツです。
a0126618_06374924.jpg
a0126618_06380321.jpg


娘は大阪でQUEENのコンサートを聴いて、一泊して福井へ帰るのだそうで
時代は違うね!優しい主人でよかったね~と話すことでした。
夕食の時、夫がみんな歌を歌うぞと自分から「乾杯」を歌い
Haは「アナと雪の女王」の主題歌「ありのままで~」を全曲よく歌詞を
覚えていると驚きました。Ibuは中学校の校歌を、ママはクイーンの
スプレッド ユア ウィングスを英語で歌い、パパは♪「こんな男になりたい~
と言う川島英伍?の歌を名前を忘れましたが、皆アカペラで楽しく歌いました。
あっという間に帰っていきました。


[PR]
# by kagosima-e | 2014-08-18 22:12 | Comments(10)

私も整形外科のリハビリのお仲間に

皆様にはご心配を頂き、お見舞いのお言葉など掛けて頂いて有難うございました。

暑中お見舞い申し上げます
日本全国どこにも隠れようのないくらいの猛烈な暑さの日が続いています。
皆様にはお変わりなくお元気なご様子で嬉しく存じております。
7月5日の朝食後、腰に鈍い痛みを感じてからもう3週間以上過ぎてしまいました。
整骨院から整形外科の診察を受け、レントゲンで骨へのがんの転移がないと分かり
痛み止めを6日分服用し、リハビリを連日受けました。
 8時に病院へ着き、順番はたいてい29番目くらいになっていて、
9時から始まるリハビリをほとんど私より高齢の方々と待合室で待ちます。
リハビリは理学療法士の方々が3名でチームを組んで、そのグループで毎日
腰痛に適した治療を施されます。終わるのは10時半に近くなり
夫が迎えに来てくれます。車では6~7分で近いですが、歩くと25分位掛り
来週からまた整骨院へ通おうと思っています。
8時から9時の開院までの一時間、毎日皆さん顔見知りになり、
楽しいお喋りに花が咲きます。私もご近所の奥さんが来ておられて
慣れない病院のシステムなど、色んな事を教えて頂きました。

庭には真っ赤な濃いヘメロカリスが咲き誇っています

a0126618_16291063.jpg
1日で枯れてしまうので勿体ないです。
a0126618_16305041.jpg
3本のブルーベリーの木にことしは黒い実が次々になりました。
最少は100g次は300g、昨日は200gの収穫で、ジャムや砂糖に黒酢も
加えて、ブルーベリージュースを作りました。
最初の収穫の時、次の日はすぐ腰が痛み、何かしましたか~?とばれて
しまいました。力も何もいらず収穫できるのですが、
やはり足を少し踏ん張っていたらしいです。これは200gの実です。
a0126618_16381306.jpg
a0126618_16383774.jpg
a0126618_16394321.jpg
庭に大きなマルコポーロやかの子百合が咲いています
a0126618_16422523.jpg
a0126618_16434026.jpg
隣の畑ではアメリカ扶養が大きく咲いていて、おたふくさんのようです
a0126618_16421350.jpg
a0126618_16414380.jpg
先日ニュースでピンクのアメリカ扶養を見ました
6月半ばごろから我が家にも遠い所から来てくれたメガネツユクサが咲き出しました
a0126618_16484855.jpg
お昼には閉じてしまいますが、朝露をのせた姿が一番好きです
a0126618_16464386.jpg
無理しないで徐々に歩く稽古から始めましょう。


[PR]
# by kagosima-e | 2014-07-27 16:55 | Comments(10)

ジャカランダの咲くころ

昨日2日に九州と山口県が梅雨に入り、気温も22度位にしか上がらず
梅雨寒の日が続いています。義妹は昨夜はストーブを付けたと言ってました。
それに比べて、東日本や北日本、特に北海道の37度台の異常高温には
日本列島が腸ねん転を起こしているのではないかと
気味が悪くなります。大陸からの暖気に覆われたことやフェーン現象に
よるものだそうですが、最低気温が7,4度だったそうですから
30度も気温が上がったそうで、体への影響が出なければよいが~と
心配しています。

毎月付き始めは我が家と私の実家の両方のお墓参りへ参ります。
幸いに2キロくらいの距離ですので、唐湊墓地から郡元墓地へ移動の途中に
昨年この時期に道路際のお宅の入り口に咲いているジャカランダの花を
見つけました。昨年は通り過ぎてからあと返りして写しましたが
今年はジャカランダが咲いているかも~と、駐車するところを確保して
行きました。今年も咲いていました。
昨年はNHKのニュースに取り上げられた、高校野球NHK旗争奪戦の
決勝戦の日でしたと、奥様が説明されました。
今年は前日の土曜日が決勝戦でしたので、昨年と同じ頃咲いたことになります。
秋には花の終わった枝をバッサリ切り落とされるそうで、挿し木は?
と聞きましたが、出来ないそうでした。
どちらから持ってこられたかお聞きしましたら、なんとエジプトから
持ち帰られたのだそうです。
検索したジャカランダの写真と、鹿児島のジャカランダ見比べて見てください

a0126618_17460844.jpg
a0126618_17473701.jpg
a0126618_17452579.jpg


これは外国のジャカランダです。青紫色に染まりそう
市街地ではもう1か月くらい前からびわが黄色く色づいています。
気温が低いわが町も梅雨の季節は、今が盛りとたわわに実っています。

a0126618_17510886.jpg
a0126618_17512788.jpg


1パックが198円とお安い枇杷の実 甘いですよ~

a0126618_17522217.jpg


今年も赤玉ねぎの収穫をしました。50本植えて収穫も50個です
葉が枯れたものは葉っぱを結んで竿にかけて、残りはプラスティックの籠に
立派なひげ根を計ると23センチの長さで、この根もクスリになるかな~?

a0126618_17565796.jpg
a0126618_17571575.jpg
a0126618_17573104.jpg


お墓の突当りのシラスの崖の下には赤いアジサイの群落があります

a0126618_17582776.jpg


真っ赤な濃いアジサイの色、薄くなり残念

a0126618_17590358.jpg


我が家のヤマアジサイ

a0126618_17553323.jpg


南国マツバボタンも

a0126618_17593436.jpg


お墓の横のお宅には、見事なブーゲンビリア、クチナシと柏葉アジサイが

a0126618_17580916.jpg
a0126618_17584509.jpg
a0126618_17560238.jpg


[PR]
# by kagosima-e | 2014-06-03 18:08 | Comments(10)

西郷さんの軍服と大久保さんのコートのレプリカ

早朝の伊豆沖の地震、関東へお住まいの皆様はさぞかし驚かれたことでしょう。
被害がないことをお祈りいたします。

我が家は義父の代からテーラーを生業として過ごしてまいりました。
夫が経営に失敗して市の中心地、電車通りの土地と店舗は借金の代わりに銀行へとられて
中心地ではありますが、ビルの2階を借りてテーラーとしての仕事を息子と嫁が
頑張ってやっています。
鹿児島市ではもうテーラーがほとんどなくなり、職人さんが8人も働いている店は
当店のみになりました。

鹿児島市の西郷さんや大久保さんたちの下級武士の方々の生誕の地に
「維新ふるさと館」があり、県内外からの観光客が大勢訪れている人気スポットです。
そこに西郷さんの軍服と、大久保さんのコートが展示してあり、二人の服を
自由に来て、お二人の体格を実感してもらうコーナーがあります。
数年前ふるさと館からの注文で、軍服とコートをお納めしましたが、傷みが激しくなり
修理して納め、今年6月ごろ入館者が500万人に達する予定でこれを記念して、
新しい服を新調することになりました。
当初は合い見積もりと言うことでしたが、結局当店へ注文を頂きました。

西郷さん大久保さんの二人とも身長は178センチ、大久保さんは長身痩躯
西郷さんは恰幅の良い体格で、当時の平均身長から割り出すと
現代の平均身長にして、190センチの長身になるのだそうです。
軍服とコートは178センチに誂えてあります。

a0126618_16283140.jpg
a0126618_16290986.jpg
維新の頃は西洋の職人さんが縫われたのでしょうか。
大勢の人に来て頂くので、生地は冬の軍服で羊毛とポリエルテルの混紡です。
当時は高価なボタンでしたでしょうが、金ボタンは学生服につけるボタンで可笑しいでした。
編集では花とサイズは同じくらいだったのですが、投稿すると巨大なPhotoになつていて
びっくり!です。

今日5日は気温が20度しか上がらず、少し肌寒く感じます。
バベアナと覚えていましたが、間違いでほんとの名は分かりません。
庭にたくさん咲いています。
a0126618_16403394.jpg
a0126618_16414741.jpg
この薄い紫の花は近所のものです。イキシアも咲いています
a0126618_16433845.jpg
牡丹の種はまだです。大様の王冠のようでもあり~
a0126618_16464574.jpg
近所のタツナミソウ 昨年タツナミソウが沢山咲いていて、驚きましたが、
今年は花の数が少なくてガッカリです
a0126618_16495390.jpg
もうストケシアやツユクサもも咲き出して
a0126618_16514563.jpg
a0126618_16531781.jpg
a0126618_16542801.jpg
そろそろ雨の季節が近づいてきているのでしょうか、む紫の花が目に付きます


[PR]
# by kagosima-e | 2014-05-05 16:56 | Comments(8)

今年も田舎で筍掘り

三月の半ばに田舎の筍の様子を見に行きましたが、今年は例年より少しだけ
寒い日が多く、筍の姿は全く見つかりませんでした。
あれから二十日余りが過ぎて、我が家の近くのJAのお店にはこの辺りで取れた
筍が並ぶようになりました。
六日の日曜日に私たち夫婦も、夫の父の生まれた所の田舎ですが
今は親戚も何もありません。屋敷も取り壊されて、今は隣から侵入してきた
孟宗竹に覆われて、ジャングル状態です。
丘の方の杉が植樹されている山も、ここも孟宗竹に覆われています。
3~4年前までは竹を切りに行ったりしたのですが、もう竹を切る元気はありません。
田舎の親しくしている方の車庫前に車を止めて丘へ上がることにしました。
留守番の94歳のおじいちゃんが、道の側を見てごらん。
今年は寒かったから、杉林の中にはまだ筍は出ていないかもよ。との事でした。
ショッピングカーに、スコップ、ねじり鎌、手袋、山くわ等の七つ道具を積んで
丘の上の杉林へ向かいました。
まず道の側をぐるりと見て回り、杉林の中にも入り見てみましたら
なんとあちら此方に大小の筍が出ているではありませんか~!らっきー!です。
夫は大きな筍の周囲をやまくわで耕すようにして、掘り上げます。
私は見つけた筍の周囲をねじりガマで土をのけて、周囲をスコップに乗って揺さぶり、
ぐっと力を入れて掘り上げます。私は2時間で11本掘りました。
夫は13本掘り上げましたよ。

a0126618_22484480.jpg
a0126618_22492036.jpg
一つ一つが重くて、ショッピングカーでは一度に5本位しか運べず2回往復でした。
私はおじいさんの家の一輪車を借りることにしました。
これに残りの筍ややまくわやねじり鎌など、
七つ道具を載せて丘を必死の思いでようやく降りることが出来ました。
掘り上げた筍は23本もあり、屋敷跡の筍は次回に掘ることにしました。
a0126618_22563247.jpg
田舎で三本は差し上げて、友達のお宅やご近所にも配り、我が家には11本だけ残りました。
田舎の知り合いのお店にはポニーとヤギが飼われています。
a0126618_22595828.jpg
皮むきも大変です。シンクが筍の皮でいっぱいになります。
ぬかと唐辛子を入れて一時間近く茹でました。
a0126618_23120902.jpg
a0126618_23123001.jpg
a0126618_23125215.jpg
ゆでた筍はお店の方々や知り合いに差し上げてすぐなくなりました。
やわらかくておいしい筍です。

我が家の庭のシャクヤクが、今年も7個の花を咲かせました。もう満開です。

a0126618_23030279.jpg
a0126618_23034562.jpg
10日位前から藪の上に山藤が咲いて居るのを見つけましたが、
ズームでも藪が邪魔をしていました。
今日帰り道で藤の花が空き地にたくさん咲いて居るのを発見!ラッキ~~!でした。
a0126618_23080603.jpg
a0126618_23084117.jpg
a0126618_23091233.jpg
a0126618_23100793.jpg


[PR]
# by kagosima-e | 2014-04-09 23:18 | Comments(12)

節分 星祭り

a0126618_21505043.jpg
a0126618_21420637.jpg
2月3日は節分であり、私と1日違いで生まれたIbuの誕生日でもあります。
毎年日蓮宗教王寺の厄払い星祭りへ今年も行って来ました。
修行僧の水行、今年もばっちり写して
a0126618_21425563.jpg
水行を終えた修行僧が輪になって特別祈祷の経文を唱えます
a0126618_21450947.jpg
このお寺は子供を守る仏の鬼子母神を祭っているため
鬼は~外~と言わず「福は~うち~」と言います
節分のハイライト色んなものが撒かれました。
豆まきを写そうとカメラを持っていましたが
まかれた物を拾うのに忙しく一枚も写せませんでした。
こんなに沢山拾ったのは初めてでしたよ(^^♪
a0126618_21505043.jpg
午前中は4月の気温でしたが夕方から寒さがぶり返してきました。
久しぶりに違う道路を歩いてみると何ともう
つくしんぼうが大きくなっているのを見つけました
 
a0126618_21550082.jpg
タンポポも見っけ~
a0126618_21561879.jpg



[PR]
# by kagosima-e | 2014-02-03 21:56 | Comments(8)

危うい所で~~ひやり!!

師走ももう半ばに差し掛かり、あれもしなければこれもしなければと
気持ちばかり焦っていて、時ばかりが過ぎて行っています。
先ず私の大事なパソコンが、昨年からモーター部分が音を立て初めて
厚い夏にいったん静かになりましたが、また寒くなると大きな音を立て始めました。
30秒くらいから近頃はガ~~ッっと3分くらいに長く音が消えなくなりました。
又時刻と日付の表示が訂正しないで置くと何時までもそのままで変らなくなり
そんなとき画面が真っ黒になり英語で警告文?らしき物が出て、カーソルを
動かしてもBack Spaceを押してもそのまま動かなくなり、もうだめになって
しまったかと、がっくりでした。
PCの先生に見ていただきようやく息を吹き返してきましたが、もうダウンは
時間の問題と言われました。
それからが大忙しです!年賀状をどうにか作り、住所をすり刷り、住所や
ひなとんさんの絵をBack up、先生にいろいろUSBに取り込んで貰いました。

娘達にカンパをして貰いようやく新しいp cを今日買い求めてきました。

先日天気が良い朝布団を乾そうと、敷き布団を持って廊下からテラスへ
下りようとして、左足が下駄を踏み違えてバランスを崩しました。
右手は布団を外してガラス戸をつかみましたが、そのまま後ろに倒れ
こんでしまいました。布団を乾す前に小さな木のイスに枕をおいていましたが
そのまま下まで落ちて尾てい骨をうつ!と思った瞬間枕に腰を打ち付けていて
痛くもなんともなく、助かった~~でした。

もう一つのひやリ!は、近くの十文字交差点で西から東へ信号が青に変り
渡ろうと踏み出しましたら、黄色の小型車が私の前を西から北の方へ
が~~っと曲がって行きました。若い女性で左手で携帯を耳に当てていました。
私が数秒早く信号を渡っていたら確実に跳ねられていたことでしょう。
夫に話したら、車のナンバーを見なかったのが悪いと叱られましたが
よろっとして立ち直りナンバーを見ようとしましたが、その時はすでに走り去り
読み取れなくなっていました。

朝早く雀達が寄ってきます。お米を蒔いていたのですが、お米がなくなり
自働精米機を置いている方へ「くず米を分けて」と頼みましたら、持ちきれない
くらい沢山のくず米をタダで頂きました。
もっと沢山のすずめが電線で待っています。
a0126618_1732885.jpg

先日金かんがお安くなっていて金かんの焼酎煮を作りました。今回は吹きこぼさず
上手に作れました。
きんかん  1キロ  焼酎  1カップ  ザラメさとう700~800g
金かんのヘタを取り除き包丁で切れ目を4箇所入れて置きます
金かんをほうろうびきなどのお鍋で焼酎を入れてゆっくり30~40分煮ます
きんかんが柔らかくなったらザラメを数回に分けて入れ、弱火でしっかり
解けるまで煮ます このとき吹きこぼれますので注意しながら煮ます
a0126618_17113084.jpg


鹿児島の電車のコレクション ピンクリボン号や白くマ、黒ブタ号、大学名や
パトカー、消防車、チキンラーメンの可愛いひよこの絵など、電車が丸ごと
ラッピングされて楽しいです。
a0126618_17144931.jpg

a0126618_1715105.jpg

このBlogの文章が古いPCの最後のものでした。
今日、先生に来ていただいて、インターネットにつないでいただきましたが
アドレスがなくなっていて、がっくり~!お気に入りはどうやら無事でよかった~~!
そこで皆様にお願いです。私のアドレスへご自分のメルアドをお送り
くださいませんでしょうか~!よろしくお願いいたします。
[PR]
# by kagosima-e | 2013-12-15 17:16 | Comments(15)

今年もりんごケーキ(^^♪

数日前から寒い寒いを連発している夫はストーブを一日中焚いてぬくぬくしていま
す。むつ市の最高気温9度が、鹿児島の最低気温で、もうストーブを付けたの?と
笑われることでしょう~~。

9月末頃のまだ暑い頃、店頭に紅玉が並んだ事がありました。でもまだ暑くて
孫達に送るのには躊躇してしまいます。
それから2ヶ月冷蔵で無くても天然の冷気が入るようになり、遠くへも
送れる様になりました。

今年は2つずつ2回作りました。最初はサンフジで、今回は秋映えで作りました。
a0126618_22272747.jpg

a0126618_22275842.jpg

☆ ケーキ型にサラダオイルを塗りクッキングシートの四隅を真ん中から
   切り込みを入れてケーキ型に貼り付けておきます
材 料 薄力粉 350g  砂糖 250g前後  りんご2個(紅玉などの酸味の
 強い物)玉子 5個 サラダ油(バターを湯せんしてサラダ油をカップ一杯分に
します干しぶどう 100g前後 クルミ等のナッツ類) 50g ベーキングパウダー
大さじ1 塩 小さじ1 シナモン 小さじ1 レモン汁 大さじ1 23センチ四方の
ケーキ型 180度のオーブンで我が家は中段で70分焼いています。
お宅のオーブンの調子で時間調節してくださいね。

☆ りんごを小口切りにして、塩をまぶしてレモン汁をかけて混ぜておきます
☆ 干しぶどうに熱湯をかけて置いておきます。クルみも刻んでおきます
☆ 小麦粉にベーキングパウダーとシナモンを入れて混ぜておきます
☆ 今回はバター四分の一をステンレスのカップに入れ湯せんにかけ、
   残りにサラダ油を加えてカップ一杯にします。バターを入れるとコクが出ます
☆ この辺りでオーブンを180度に暖めて置きます。
☆ ボールに玉子を割りほぐしよくかき混ぜて置きます
☆ 砂糖を少しずつ玉子に加えて良くすりつぶして置きます
☆ サラダオイルを少しずつ入れておきます。
☆ 干しぶどう、ナッツ類を入れてりんごを入れてザっくりl混ぜて置きます。
☆ ザル3枚を重ねて小麦粉を振るって入れ、さっくりと混ぜて置きます
☆ ケーキ型に混ぜ合わせた種を入れて、30センチくらいの所からストンと
   落してがす抜きをして置きます。
☆ 180度に暖めたレンジの中に入れて、我が家は70分ゆっくりと焼き上げます。
☆ オーブンに入れて温度が元に戻るのが大抵10分くらい掛かります。180度に
   戻ってから10~13分くらいして、ケーキに焼き目が付いたら
   アルミホイルで上部をおおい焦げ目の調整をします。
☆ 焼きあがったらそのまま30分くらいオーブンの中に置いて置きます
☆ さめてから切り分けます

30人くらいのお集まりの時など材料を合わせて焼くだけで簡単に出来るケーキです。
パウンドケーキ型なら3個分出来ます。ぜひりんごの季節にお作りください。

今回は娘達の所へ冷凍しておいたブタ味噌も一緒に送りました。
田舎から「もみ」を一俵いたただ来ましたので、精米機で精米する事にしまし
たが精米機を使うのは初めてで、米の種類を選び、次に白米、無洗米、八分
などの搗き方を選んで釦を押します。やっと持てる位いの大きな袋のもみを
投入口から入れて料金を投入しますが、後もう少しの所でお金を継ぎ足して
入れるようにと機械が伝えてくれ、追加の100円玉を入れても機械は動かず
夫は怒るし~~(^_^.) ただ搗き方の種類の釦を押すのを忘れているだけで
釦を押すと動き出しお金も戻ってきました。
持ちきれなかったお米は16キロくらいになっていて、「機械に取られたのでは]
~?と戦時中の飢餓時代の夫は疑っていましたが、初体験も終わりました。
新米とケーキ、ブタ味噌、みかんなど大喜びの娘達でした。

[PR]
# by kagosima-e | 2013-11-20 22:35 | Comments(8)

二日続けて救急車

11日から14日まで次女一家が福井から帰鹿し、海に山に出かけ最後は
お墓参りをして慌しく帰って行きました。
籌3の受験生の兄の方は、相変わらずゲーム機が手放せず、babaの
心配をよそに、海山の遊びを楽しんで帰って行きました。
ぼんやりした写真は背丈がぐんと伸びて父親に追いついて来ている様子を
見ていただきたくて貼りました。
南さつま市の坊津は、中国の高層巖仁和上が日本に仏教を伝える為に
何度も失敗したようやくこの地へ漂着した、仏教伝来の地です。
その坊津の近くに美しい海岸があり、カラフルな熱帯魚と共に泳げる事で有名です。
a0126618_22354278.jpg

ぼんやりした写真はカメラを保冷バッグに入れていて、気温が高い所で写したので
曇りガラスに成り写せなかった物です。綺麗な丸木浜が写せず残念です。
畳ござ3枚が敷ける大きさの小さな海の家?、わたしはここで昼寝でした。
薄紫の砂浜に咲く花、あなたのお名前は~?大きなハマユウが暑さにも負けず
頑張って咲いていました。
a0126618_22515112.jpg

一週間前の日曜日、桜島が初めて5000メートルを超える爆発を起こし
街の真ん中は一寸先も見えないくらいで大変でした~!
私は街の真ん中にある病院でサポーターの会議があり、終わってから数人が残って
ピンクりんごTachiを作っていました。そろそろ終わろうと話していましたら、急に暗くなり
ブラインドを上げると、そこは土の壁!槌の幕が張った様でしばらくは
何も見えませんでした。灰の中をネットのお友達に頂いた和タオルを姉さん
かぶりにして、灰を避けました。すごい映像は、ネットから引っ張り出した物です。
a0126618_2371953.jpg

昨年通りがカリののお宅の方が下さった赤い大きな芙蓉の花が早速咲いてくれました。
a0126618_23124926.jpg

オレンジ色のジンジャーの花も素敵です~!
a0126618_23121361.jpg

玄関先の蜂に元気良く頑張っている子たち、蘭の仲間か白い小さな花が先がしました。
葉っぱの間に枯れた葉があると良く見るとなんと擬態の虫でした。
a0126618_2330197.jpg

この季節風にユ~らユ~ラ、毎年元気良く咲いている大たでの花
a0126618_23245014.jpg


昨日24日、早朝から庭の草むしりでした。気を抜くと直ぐ大きな草に覆われるので
油断もすきもありません。7時過ぎに椿の上子見にカラン、大きなかずらを
抜こうとぐ~~んと引くと、したからグわ~~んとむしの塊りが出てきて
鼻を刺して逃げました。多分蜂だと思います。
掛かりつけの病院の先生はこの時間はなれたご自宅でいらっしゃるし
救急車を呼びました。10分くらいできてくれて血圧を計ったり病院と話したりして
結局は近くの病院へ連れて行って貰いました。当初は計れないくらい高い数値の
血圧でしたが、徐々に200,156と最高の数値も下がってきて、ほ~~つ~!
薬を貰って鼻の上にガーゼと将毒液をおいて私の治療は終わりました。

本日25日、午後4時ごろ夫が足に力が入らないとよろよろしていてびっくり!
掛かりつけの先生のご指導で今日も救急車を頼みました。
救急車入り口から入り夫は直ぐ検査検査でした。数年前に起きた脳梗塞が
再発したとの事で即入院と成りました。
2~3週間の入院と成りました。暑い中入院している人は良いですが、
通院するほうは大変でした。言葉は確りしていましたが、足の方がどうなるか心配です。

[PR]
# by kagosima-e | 2013-08-25 23:26 | Comments(10)

ようやく巣立ちました

6月2日に、庭のハニワの置物の中へ、昨年に続き今年も5~6個の小さな
シジュウカラの卵が産み付けられているのを見つけました。

昨年は雛の声がして始めてシジュウカラの巣作りを発見したのですが
気付いてからなんと10日間で元気良く巣立って行きました。
親鳥が交互で3~5分位には餌をくわえて帰って来て、子育て上手な親鳥に
感心しました。と同時に巣立った後の巣が大変綺麗で、「発つ鳥後を濁さず」の
ことわざどおりとこれにも驚いた記憶があります。

ところが今年の親鳥の餌の運び方は大変遅く、何時餌を持って帰ってくるのか
雛達もあまり元気良く鳴かないので、無事巣立つのか心配な日が続きました。

鹿児島市のリホーム支援金を利用して、壁の塗装のやり替えをする事にしました。
その前の下処理で水圧の高い水で汚れを落とす工事で、大音響のバッテリーが
動き、若い職人さん達が動き始めて、親鳥はなお警戒してなかなか巣へ
帰ってきません。でもその内に慣れたのでしょう、大きな餌を加えて帰って
くるようになりました。

7月4日、私は歯科医院の予約があり、11時に家を出なければ成りません。
外で工事の方と話をしていると、ハニワの両方の入り口から、雛が外を
眺めているのを見つけました。
32日目でいよいよ巣立ちの時が来た~!と、慌ててカメラを取り戻ってきましたが
カメラを構えている間は顔を出してくれません。
ついに歯科医院へ行く時間が来て、心を残しながら出かけました。
買い物をして戻ったのが12時半頃でした。ハニワの所へ行きましたが
いつも聞こえていた雛の鳴き声は全くなくなっていました。
でもいつもの親鳥の鳴き声が電線の上から聞こえてきて、可愛い雛の鳴き声も
姿は見えませんが、カイヅカイブキの中から聞こえてきます。
夕方まで聞こえていた雛の鳴き声も次の朝には聞こえなくなっていました。

今年のシジュウカラは、ことわざ通りとはいかず、巣は汚れていて残念でした。

今年もノウゼンカズラの花が、6月始から咲きだしました。
近所のお宅のノウゼンカズラの花、元気に働いておられる奥様のような明るい花です
a0126618_231444.jpg

これも近所のお宅のグロリオサ、沢山咲いていました
a0126618_2334737.jpg

6月最終日のお墓参り、お墓の横の空き地には鬼百合が沢山咲いていました。
先日近くの土手の上に藍色のセージと共に咲いている鬼百合
a0126618_2372965.jpg

お墓の鬼百合と共にヒメヒオウギ水仙も咲いていました。
a0126618_2381845.jpg


何だか暑苦しい色の花ばかりになってしまいました。
先日雨がそぼ降る公園を久しぶりに通ると、ねじ花が沢山咲いているのを
見つけました。例年公園の東側の芝生の中に咲いているのですが、この日は
西側の方からシルバーの方々が芝を刈り取る工事をしておられて、危機一髪!
a0126618_23132489.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-07-06 23:13 | Comments(8)

雛は巣立つのだろうか~~

中国地方や近畿和歌山には台風からの湿った空気が前線を刺激して
大雨の被害が出ています。大雨の地域の方々にお見舞い申し上げます。
南九州は時折雨が降ったり止んだりで、蒸し暑く風は昨日より弱まっています。

6月2日に庭に置かれたハニワの置物の中に、シジュウカラが5~6個の卵を
産み付けていました。
昨年も同じはにわの中で雛が孵り巣立って行きました。気付いて10日目でした
今年の親鳥は巣に餌を運ぶ回数が少なく、鄙の鳴き声もあまりしません。
ところがこの数日わりと頻繁に親鳥が飛んでくるように成りました。
10日から2週間で巣立つのが普通だそうですので、もう20日近くなり
雛が無事に巣立つか、家主の私はやきもきの日が続いています。

ハニワが台風で飛ばないようにブロックの支えをしました。
雨が打ち込まないように昨年のような雨除けをしたかったのですが~~~
a0126618_16282542.jpg

先日プチさんの所で白いモミジ葉イチゴの花が紹介されましたが
こちらでは4月初めの筍掘りの時に、同じモミジ葉イチゴの花は咲いていました。
5月半ば卯の花が咲いている頃、黄色の大きなモミジ葉いちごが沢山なり
ほの甘く美味しく食べました。よその畑の隅のイチゴなど誰も見向きもしません。
ピンクの花が咲いた後、真っ赤なつぶつぶの苗代イチゴが実ります。
このphotoは3週間前の物ですが、現在はもっと沢山実っています。
ちょっと苦すっぱな感じで口の中に小さな種が残り、最後はペット吐き出します。
一番上の我が家のイチゴはゴールデンウイーク前の物です。
人間の口に入る前にほとんど虫に横取りされてしまってます。
a0126618_16402865.jpg

5月末、県立吉野公園で見つけた始めて見る花です。
大きな松の木の下に植えられていました。どなたかのblogで拝見したような~
a0126618_1643123.jpg

キノコも見つけ~!松の木の下なので松茸!じぇじぇ~
a0126618_1655924.jpg

ヒルガオも咲いてました。
a0126618_1645219.jpg

我が家のゼラニューム、元気良く咲いています
a0126618_1647215.jpg

6月始めの頃咲いていたロココだろうと思います。挿し木をしてもう4年目のバラです。
a0126618_16492216.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-06-20 16:50 | Comments(6)

おめでたい鶴を見に

明けまして おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

もう5日が過ぎようとしています。大晦日から鹿児島も冷え込んでほとんど
気温は10度以下の日が続いています。な~~んだ!とお笑いになられるかもしれ
ませんが、例年なら13度くらいが冬日の気温なのです。

花農家さんのロウバイは今冬は早々と咲き始め、芳しい香りに惹きつけられます。
a0126618_22274070.jpg


2日はお日様マークが付いています。気温も11度と少し暖かそうで、出水の鶴を
見に行こうと言う事になりました。

県北の出水市荒埼へは高速の終点の薩摩川内市まで行き、そこから国道3号線で
出水まで走りました。
途中巨大スーパーのA-Zへよりボンタンを買いました。7個で780円!!安い~~!
a0126618_2234239.jpg

今年は3日に荘中学校の生徒が端数調査をしています。
前回の11月10日より545羽増えて、全部で1万704羽の飛来が確認されています。
一番多いのはなべ鶴で1万101羽、世界中のなべ鶴のほとんどがここへ来ています。
首から下が黒褐色、上は白色で小柄な鶴です。
マナヅルは587羽の飛来で、なべ鶴よりあたまひとつおおきく、目の周りが赤いです。
背中の銀灰色が目立ちます。そのほかにカナダヅル、クロヅル、ソデクロヅル、
なべクロヅルなども来ています。
一昨年は鳥インフルエンザでここの鶴も感染して数羽が亡くなりました。
その年は立ち入り禁止となり見物は出来ませんでした。今年は消毒液が入った所で
タイヤの消毒をして、駐車場へ入ります。以前は入れた鶴のねぐら近くの道路は封鎖
されては入れませんでした。
立ち入り禁止の場所です。
a0126618_22512440.jpg

優雅に空を飛んでいますが、キャッチするのが難しくて大変でした。
a0126618_22541572.jpg

刈り取った借り上げ田んぼの跡に、鶴の餌を蒔いています。沢山の鶴達です。
a0126618_22583573.jpg

これはクロヅルでしょうか?
a0126618_2315111.jpg

これは鍋でしょうか
a0126618_233994.jpg

クr~~クァ~~グ~~ルトと鳴き声が物凄いでした。
飛ぶときも、田で餌を食べる時も必ず家族が揃ってツルの行動です。
素晴らしい家族愛ですね~~

ご近所さんから大きい白菜を2個も頂きました。早速朝鮮漬を漬けました。
金曜日のボランティアの皆さんへお土産にして出かけました。
a0126618_23171718.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-01-05 23:09 | Comments(8)

今年も江口浜へ

動物園は大勢の子供連れで賑っていました。
暑い中でも山を切り開いて作られた動物園なので、木陰が多くベンチなども置かれ
又霧吹きのようにミストが少し冷たい水分を放ち、とても気持ちよくそんなに疲れませんでした。

全九州広告美術コンクール作品の平川動物園の広告作品で、鹿児島市議会長賞の作品です。
a0126618_6342653.jpg

鹿児島市のマンホールの蓋は、まったく面白みの無い物ですが、
動物園だけは子供用にちょっとカラフルです
a0126618_6362760.jpg

動物園の帰りに、同じ谷山地区にある「川上ソーメン流し場」にいきました。
くるくる回るソーメン流し器は、昔指宿の唐船峡のある地区の町長さんが考案した物です。
川上ソーメン流しも、前の山から沸き出る冷たい地下水で、ソーメンもますの塩焼きやおにぎりが
とても美味しいでした。
a0126618_6432950.jpg

次の15日は昨年行った江口浜の海水浴場へ行きました。
今年も綺麗に澄んだ水で気持ち良く遊べました
a0126618_6472522.jpg

海岸には大きな高いはしごいすに監視員の方が見張っていて、
沖にはライフセーバーが立漕ぎで巡回しています
親子でくらげに刺され、氷で冷やしています、嬉しそうにピースサイン!おかしい~~
a0126618_6505632.jpg

潮が満ちて引くときに、小さなカにがさーっと海に向かい走ります。残り物でお弁当、
今年はいなり寿司がメインかな~?デザートはスイカです
a0126618_656123.jpg

江口浜は設備の整った海水浴場ですが、こんなにゆったりしています
a0126618_6583316.jpg

帰りはいつもの温泉でぬるめのお湯を楽しみ、夜はこれも毎年行くラピュタボタンレストランで食事でした。
夕方の桜島と海が美しい
a0126618_722680.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2012-08-23 07:03 | Comments(16)

黒酢の里から桜島へ

前回のblogでも書きましたが、錦江湾沿いの国道10号線はこの季節、
道路沿いにはほとんど切れ目なく、オレンジ色の鬼百合が咲いていました。
車が止められないので「綺麗だね~~」と言いながら写せませんでした。
霧島市福山町は、大昔大きな火山が爆発して姶良カルデラが出来て、
その外輪山が町の北側を囲んでいます。その山々が冬の冷たい北風を防ぎ、
夏は太陽の光を緑の樹木が吸い込んで、一年中気候温暖な土地なのです。
この気候を利用して昔から酢をかめ壷で作る仕事をしてきた町です。
健康補助食品で使われている黒酢は、ほとんどがこの地で作られた黒酢です。

黒酢には人間が自分の体で合成することが出来ないアミノ酸、9種類の必須アミノ酸が多く含まれています。
たんぱく質を構成しているのは20種類の程度のアミノ酸と言う物質で、
あらゆる細胞にとって必要な栄養素です。バランスよく摂取すると、体内で効率よく活用されるそうです。

案内の方が調子よく説明されて、一日一度の黒酢より、ペットボトルに黒酢水を作り
一日何度も飲むほうが良いと言われました。
そこで私は500mlの温泉水(夫がいつも貰ってくる)に大さじ2杯の黒酢、塩をteaスプーン半分の塩を入れ
外出にはペットボトルホルダーに入れてひんやり冷えた物を持ち歩いています。
夫は大さじ1敗の黒酢を用意しましたが、酢が嫌いなので一日で嫌だ!と飲むのを止めてしまいました。

角志田  角の左に木偏が付くのですが探せません。カクイダとよみます。
この黒酢屋さんには全部で3万個の黒酢の壷があり、有機の壷畑には綱が渡され
立ち入ることは出来ませんでした。
この春に仕込んだ壷にはカビのような物が浮んで汚い感じでしたが、1年目、3年目の壷は美しく澄んでいて
手の甲に少し落とされた、お酢の味は年代ごとによりとても円やかになっていきました。
a0126618_17223482.jpg

黒酢の原料は、米と米麹、福山の山から湧き出す美味しい水により出来ます。
お米の分量が少ないと普通のお酢になり、玄米などを使い何年も置くと黒酢になります。
壷は常滑焼を使っていたそうですが、どんどん値段が高くなり
今は東南アジアからの壷を使用しているそうです。
国内産の壷はつや消しで渋い感じ、光るのは輸入品です。
ランチはここのレストランで黒酢が使われたお料理を頂きました。黒ブタのポークソテーや鯛のポワレを
ジジ先生と半分こして美味しく頂きました。Mさんは黒酢カレーでこれも美味しかったそうです。
a0126618_17321444.jpg

桜島は大正時代まで島でしたが、大正3年の大爆発で大隈半島と流れた溶岩で繋がってしまいました。
カクイダの外に出ると、昭和火口が噴火をしていて灰色の噴煙がもくもく湧き出していました。
途中でmさんがグリーンジュースをご馳走してくださって、焼き芋も頂きました。ジジ先生と半分ずつ持ち帰り
美味しく頂きました。
a0126618_17472057.jpg

昭和火口の北東には黒神という集落があり、ほとんど毎日火山灰が降るところです。
大正3年の大爆発ではここにあった小さなお宮の鳥居、3,3メートルあったそうですが、
上の部分を残して火山灰で埋まってしまいました。
a0126618_17511092.jpg

黒神への道にはねむの木が淡いピンクの花を沢山付けて咲いていて、火山灰に負けない姿に感激でした。
昭和火口の東側には火口を見上げる場所に展望台があります。雨が降り出しましたが先ほどの噴火の後は
どの辺りか直ぐに分らない感じに静まっていました。
a0126618_17555923.jpg

私達が子供の頃は一面ごつごつした溶岩原が広がっていたのですが、
60年も経つと溶岩は全て樹木に覆われて、巨大な溶岩だけが樹木の間から出ているだけです。
人の顔やゴジラのような、わんこのような色んな物に見えてきます。
a0126618_17595666.jpg

大正溶岩原はほとんど原生林になりつつあり、桜島の4合目の湯平展望台へ行きました。
晴れた日は目の前に櫻島の山肌が迫り大迫力なのですが、雲でほとんどが覆われて雨でえぐられた山が
少し見えただけでした。噴火も無くてホッ!でしたよ。
爆発は800メートル以上の噴煙と爆発音が聞こえるのを言うそうです。それ以外は噴火なのだそうです。
a0126618_18131815.jpg

桜島と市街地は15分おきにフェリーが出航しています。24時間フェリーは運航していて
大隈半島の足として活躍しています。
素敵なジジ先生が桜島をバックに
a0126618_18183164.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2012-07-16 18:23 | Comments(8)

札幌のジジ先生 優しい笑顔で鹿児島へ

5月の始め頃、ぴーまるさんの「みんなの街」でお馴染の札幌のジジ先生が
鹿児島で開かれる学会へ参加されるご主人に同行して、鹿児島へ来られると言うメールを受け取りました。
ランチをご一緒したいと書かれていて、「うわ~~!あの素晴らしいコメントを書いてくださるジジ先生に
お会いできる!と思うと、もう胸がどきどきでした。

鹿児島は20年ぶりなのだそうで、一日ゆっくりご案内しようと、何時もあちらこちらへ連れて行ってくださる
ドライバーのM氏に7月5日を島津別邸と、錦江湾奥の黒酢の壷畑の見学、桜島の黒神から
桜島の昭和溶岩、湯平展望台へ上がり、フェリーで市内へ渡りホテルへと言うコースで
案内してもらうことにしました。

でも梅雨末期の鹿児島はとんでもない大雨が降り、まずお天気がどうなるか分りません。
7月5日(木)は、一週間前は月から木まで曇りでしたが、月から水まで全部傘マークが付き、
曇りにお日様マークの木曜日も、前日は曇りマークに変っていて、おまけに北部九州、大分など
豪雨被害が出る始末、夜が明けて空を見ると曇りながら時折日が差す、この季節には珠玉のお天気でした。

ホテルにお迎えにあがり、色白の優しい笑顔のジジ先生にお会いできて、大感激でした。
島津氏別邸は明治維新で鶴丸城から、この別邸に島津氏が引っ越して暮らされたお屋敷です。
雄大な桜島を借景としたお庭で、琉球芝が昔から張られていたのだそうです。
a0126618_18151216.jpg

お殿様がお屋敷に入られるとき使われた錫(すず)のご門。琉球漆の赤と、屋根に錫が張られています。
薩摩はこの錫の産地で、色んな工芸品も作られています。
a0126618_1819935.jpg

お屋敷と右側の大きな松は、琉球から持ってきた琉球松で、
私が子供の頃からどっしりと構えた大きな松の木です。
a0126618_18211519.jpg

お座敷も見学できますしお茶も頂けますが、クーラーが無いのでここはパスでした。
お庭の大きな獅子灯篭と、裏庭の曲水のにわです。桜が咲く頃ここに平安時代の衣装を着けた歌人が
小さな小川に杯を流し、自分の前に来るまでに歌を詠み歌い上げる「曲水の宴」が開かれます。
大勢の見学者がこられますが、お高い見学料が必要です。
a0126618_1828792.jpg

庭園には珍しい木もありました。ばくちの木 5~6月に木の肌が剥がれて来て、その木肌が染料に使われて
八丈島では黄八丈の染料になるのだそうです。木はマホガニーの代用となり、
ばくち水は咳止めとなる木だそうです。

江南竹林は、1736年琉球国から江南竹(孟宗竹)を2株取り寄せ植えた竹林です。
美味しい孟宗竹は、ここから全国へ広まって行ったそうです。
a0126618_18375048.jpg

庭園を歩きクーラーの聞いたお部屋でお薄を頂きました。この季節のアジサイがお菓子になっていて
さつま芋も使われているのでしょうか、美味しいお菓子でした。
薩摩の国は貧しい藩でしたので、立派なお雛様は飾れず、この糸雛が飾られていました。
a0126618_18412060.jpg

庭園の裏には水の施設があり、うらの川から水を引き、貯水の倉庫や、「迫んたろう」と呼ばれる
水を利用した臼が残されていました。
a0126618_18485563.jpg


島津別邸を11時ごろ出て、錦江湾を奥のほうへ走ります。国道10号線の道沿いにはピンクのねむの花や
オレンジの鬼百合がいたるところで見られて、ジジ先生を歓迎しているようでした。
続きは又明日~~
[PR]
# by kagosima-e | 2012-07-10 18:49 | Comments(14)

元ちゃんの キュウリのキュウちゃん 美味しいですよ!

毎日時々雷が鳴り響き、ザーザーと音を立てて雨が降ります。
早朝の草抜きは手も足も出ずお休みするしかありません。
横目で見ながら休んでいる間に雑草はどんどん成長して増殖中です。

一週間前に、お馴染みの横浜の元ちゃんのblogに、早朝散歩の無人スタンドで手に入れた
曲がりキュウリで、キュウリのキュウちゃんを昨年に続き作られたと紹介がありました。
私も今年も元ちゃんのまねっこで、簡単に出来てカリカリ歯ざわりの良い
美味しいキュウリのキュウちゃんを作りました。
元ちゃんいつも教えていただいて有難うね~~(^-^)

街の中心の野菜屋さんで4本が88円の、大きいのや曲がった物、小さいキュウリなどが入った
不揃いのキュウリ達を4袋買いました。約2キロありました。
上下を切り冷蔵庫の中のキュウリ2本も入れて、1,9キロくらいになりました。
2キロの分量で作りました。

キュウリ   2Kg  5~10ミリの小口切り
生姜適宜
漬け汁用  酢 1C 砂糖 2C 醤油 2,5C

作り方

漬け汁を煮立てて火を止め、そこにキュウリの小口切りを入れて、冷めるまで置いておく

冷めたらキュウリをざるに上げて、漬け汁を再び煮立てる

キュウリを入れて又冷めるまで置く

もう一度これを繰り返し、漬け汁が半分になるまで煮詰めて、千切りにした生姜とキュウリを入れて

冷めたら容器に入れて、冷蔵庫で保存します

キュウリ   1Kg  小口切り
生姜適宜
漬け汁用  酢 0,5C  砂糖 1C 醤油1,5C
作り方は2キロと同じです

a0126618_2124053.jpg
a0126618_2132322.jpg



自然に冷めるまで約2時間くらい掛りました。時々かき混ぜて冷まします。
大きな瓶に2つ分出来ました。あちらこちらに差上げて喜ばれています。
a0126618_18412956.jpg

雨で日中でも薄暗いですが、ノウゼンカズラのオレンジはお日様色に輝いているようです
a0126618_18434174.jpg

グロリオサも藪の中で優雅です
a0126618_18445985.jpg

雨の中で静かに咲いているアカバンサス
a0126618_18472093.jpg

4年くらい前に花農家さんから頂いたへメロカリス。土地にあったのでしょうか大きな株になりました。
赤いビロードのような大きな花ですが、一日だけで萎れてしまい、どなたにも差し上げられません。
a0126618_18502025.jpg

もうギボウシも咲いています
a0126618_18521668.jpg


明日も雨の予報です。今年の梅雨は年間雨量の半分は20日間くらいで降った事になるそうです。
[PR]
# by kagosima-e | 2012-06-26 18:53 | Comments(10)

跡を濁さず あっぱれ!シジュウカラの巣立ち

4月18日 庭に置かれた高さ40センチの古い兵士の埴輪の中から、かすかにジュクジュク
と、小さな鳥の声が聞こえてきました。そういえば数日前から餌を加えたシジュウカラが
飛んで来ていたのは知ってましたが、まさか木の枝ではなく土の上の埴輪の中が、小鳥の巣に
為っているなんて思いもしませんでした。

先週も今週も寒い日があったり、大雨の日があったりで巣の中が濡れてないか心配で
板木で出入り口を狭めて雨が振り込まないようにしたり、風で飛ばないように重い塵取りを
埴輪の上にかぶせたりしました。

今朝6時過ぎから草むしりをしながら観察していますと、ヒナ達の鳴き声が大きな声になり
親鳥とあまり変らないような~~と感じられました。
今朝も頻繁に交代で餌を運んできている親鳥です。
a0126618_20415620.jpg

7時が過ぎると、なんと埴輪の腕の付け根から雛の顔が時折覗くようになり、ひょっとすると
巣立ちが近いのではないか~~?と、カメラをつかんで庭に戻りました。
右の穴から外を眺める為に出てきました。
a0126618_20455521.jpg

左の穴からも覗いています
a0126618_20464781.jpg

巣の中ではヒナたちの鳴き声とともにバタバタバタと羽ばたきの音も聞こえてきます。
義妹夫婦もやってきました。
左の穴から右を向いているヒナ
a0126618_20493358.jpg

そしてついに一番目の雛が巣立ちました。山茶花の垣根の所まで飛んで休んでいます
a0126618_20505860.jpg

左右の穴から4羽目と5羽目が同時に顔を出して巣立つかどうかを思案中です。かわいい~!
a0126618_20553330.jpg

2羽めと3羽めは後ろの木と、白い花の塊りの中で休んでいます。
a0126618_205771.jpg

a0126618_20573948.jpg

最後に飛び立ったヒナは玄関の所から動けず心配していましたが、
いつの間にか消えていました。
a0126618_20591974.jpg

義妹の家に飛べないヒナがやってきて、動けないヒナに親鳥が餌を運んでやってましたが
これもいつの間にか飛び去ったそうです。
5羽の雛が18日に卵からかえり28日に巣立ちでした。
検索すると誕生から巣立ちまでは、17日から20日位の日にちが掛かると
書いてありましたが、暖かい南国だからでしょうか10日間での巣立ちで驚きです。
全部飛んでいってから埴輪を持ち上げて見ました。埴輪の胴体の下には2センチくらいの
高さのあし?がありそれが土に埋まっていて、水に濡れる心配は無かったのでした。
細い細い糸のような羽毛が敷き詰められていて、底には苔が敷かれているようでした。
もしや育たない雛がミイラになっていたら?などと想像していましたが、我が家より綺麗に
お掃除の行き届いたシジュウカラの巣でほんとに感心しました。
a0126618_21123774.jpg

巣を刺激しないようにと草もむしらなかったので、午後から草を抜きました。
a0126618_21132190.jpg


18日から10日間は一日中シジュウカラの巣が気になる毎日でした。
目が覚めると障子をあけてまず巣を見ます。雛がかえって3日目くらいに埴輪の横に
黒猫が座って穴を見ていました。親鳥が警戒の鳴き声をけたたましく上げていて、
慌てて戸を開けました。この黒猫はそれから2回も横に座っていて、夫が用意した小石を
逃げていく後ろに当らないように投げて追い払いました。

今日はもう庭からしじゅうからの声は聞こえず、遠くで近くで巣立った雛鳥や親鳥の鳴き声が
時折聞こえてくるだけでした。夫と二人寂しくなったね~~、又来るかな~~
それにしても人間よりしっかりした子育てで、掃除も行き届きシジュウカラ夫婦は
あ@っ@ぱ@れ~~!
[PR]
# by kagosima-e | 2012-04-28 21:25 | Comments(8)

東日本大地震お見舞い申上げます

3月11日の巨大地震からもう17日が過ぎようとしています。
もうソメイヨシノの開花が届く頃になっても、東北の地は雪が舞い真冬を思わせる
冬将軍が居座っています。今朝も震度5の地震があり、余震もまだまだ続いています。

お亡くなりになられた方は1万人を超え、なお行方不明の方々が1万9千人も居られ、
避難されている方々は25万人近くに成り、日本の歴史始まって以来、最大未曾有の大災害になりました。
絶対安全と信じ切って生活しておられた、福島原子力発電所。地震と津波による発電施設への大破壊
見えない放射線が、広く関東まで水や野菜牛乳など汚染しており、被災された皆様の
重なるご苦労を思い胸の痛む日々です。
原子力圧力容器が破損している可能性があり、冷却機能の回復はまだしばらく時間がかかるとの発表がありました。
2号機の水たまりからは10万倍と言う放射性物質が検出されて、海水も、、、。
一日も早くこの大事故が収まるようにと祈るより仕方がありません。

巨大地震以降、この国の政治は、経済は、人々の生活は、、、、又息子が頑張って
ようやく売り上げも伸び出した我が紳士服店は、売り上げが落ちることは必至と考えられて、
色々考えると眠れない日が続きます。

そんな中、ラジオから流れてくる「アンパンマンの歌」や忍たま乱太郎の主題歌「100%勇気」
「JUpiter]の曲を聞いたり、添えられた全国の皆さんからの励ましのお手紙を聞きながら
時には一緒に泣いたりしています。

実は3月8日にブログを開こうとしましたら、ログインできず「このwebサイトのセキュリティ
証明書には問題があります』と出て、exblogへ尋ねようとしてもアドレスが分からず、
どうしようもありませんでした。PCの先生も私も忙しくて落ち着いて解決方法が見つからず
そのままにしていました。ところがつい一週間前半分あきらめながらもログインしてみますと
なんと入れるではありませんか~!地震でPCも可笑しくなったそうですが、私にはラッキーに
作用してくれたようです。このまますんなりと使えるように祈るばかりです。

本日3月28日は、ベックラママさんのお命日でした。一年前の夜の驚きとショック
昨日のことのように忘れられません。マシンガントークとうふふと笑われるお声がまだ耳に残っています。
3月は私の両親が亡くなった月であり、巨大地震ガ起きた月、ベックラママが彼の地へ旅発たれた月です。

Every day I listen to may heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を 越えて輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

平山綾香さんの美しい声に癒されます
a0126618_17555027.jpg

スモモの花が今年始めて咲きました
a0126618_17571216.jpg

クリスマスローズ、咲かないな~と思ってましたら、気付くと沢山の花が咲いていてびっくり!
a0126618_1759556.jpg

紅カップ水仙 青い花にら
a0126618_1812037.jpg

a0126618_1815547.jpg

田舎から移植した薄紫のタチツボスミレ、2センチくらいの大きな花びらで咲きました。
a0126618_1833472.jpg

白木蓮ともくれん
a0126618_1843182.jpg

3月7日に熊本県の小天(おあま)町へ、啓翁さくらを身に同窓生11名で行きました。
昨年までは3日に満開との事でしたが、今年は寒が強くてようやく一枝が申し訳なさそうに咲いていました。
a0126618_1884589.jpg

帰りには熊本城の見学をしました。鎧武者の扮装をした青年がいて、韓国からの旅行客がカメラで
一斉に写していました。美しい熊本城
a0126618_18123046.jpg


一昨日の土曜日田舎で、草刈作業をしました。途中レンガの咲いている田を見つけ、
帰りに写すことが出来て嬉しいでした。今回も温泉へより綻び始めたソメイヨシノをパチリ!
a0126618_1816026.jpg

a0126618_18162345.jpg


そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとへ胸の傷が いたんでも

ああ アンパンマン
やさしい君は
いけ みんなの夢 まもるため

そうさ 100%勇気 もう がんばるしかないさ
この 世界中の元気 抱きしめながら
そうさ 100%勇気 もう やりきるしかないさ~~♪

みなさん 頑張ってくださいね~~~!
[PR]
# by kagosima-e | 2011-03-28 18:25 | Comments(14)

謹賀新年 雪の元旦でした

皆様 明けましておめでとうございます!

ご家族お揃いで良いお年をお迎えのこととお慶び申上げます。
今年もマイペースで無理なくブログを続けようと存じます。どうぞ遊びにいらして下さいませね。

処で皆様お住まいの所では初日の出はご覧になれましたか~?
鹿児島は南国という看板を下ろすくらいの大雪に見舞われて、雪の元旦でした。
大晦日起きて見たら予報通りに真っ白の雪に覆われていました。
a0126618_22221846.jpg

一日中止むこともなく大きな雪や小雪が強い風で横殴りに吹き付けて、元日の今朝8時にはこんなふうに
a0126618_22244088.jpg

道路を隔てた斜め向かいのお宅の車もこんなにつもり、屋根の雪は少しずつずり落ちてきます。
a0126618_22275314.jpg

10時ごろになると雪が止みお日様が暖かく気温も上がり外へ出て雪だるまを作りました。
水分を含んだ雪は重たくて、頭の方は夫と二人で持ち上げて、
1メートルくらいの大きな雪だるまが出来ました。
a0126618_22335225.jpg

櫻島も真っ白に光っています。ズーム機能がおかしくなりシャッターが押せなくなりました。
a0126618_22353555.jpg

畑の先生の畑は雪のお布団をふんわりとかぶって、、、
a0126618_22372326.jpg


30日には金柑の焼酎煮を作りました。大きく見事な金柑がキロ450円、今年一番のお買得でした。
焼酎で煮てから粗目を入れて、ザラメが溶けるまでゆっくりと煮ますが、
そのときちょっと油断すると沸騰して吹きこぼすことが多々あります。ここを注意すると簡単に出来ます。
a0126618_22423178.jpg

お元日の朝のお雑煮、こちらでは丸もち、白菜、里芋、豆もやし花形人参、焼きえびなど入った
見ただけでおなかいっぱいの物ですが、我が家は焼きえびとかまぼこ、
白菜たっぷりに焼いたお餅のさっぱりお雑煮です。今年は早々と特売の焼きえびを買っていましたら
小さくて貧弱な物でがっくりでした。
a0126618_22481035.jpg

お幸せな一年でありますようにとお祈り申上げます~!
[PR]
# by kagosima-e | 2011-01-01 22:55 | Comments(12)