鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

危うい所で~~ひやり!!

師走ももう半ばに差し掛かり、あれもしなければこれもしなければと
気持ちばかり焦っていて、時ばかりが過ぎて行っています。
先ず私の大事なパソコンが、昨年からモーター部分が音を立て初めて
厚い夏にいったん静かになりましたが、また寒くなると大きな音を立て始めました。
30秒くらいから近頃はガ~~ッっと3分くらいに長く音が消えなくなりました。
又時刻と日付の表示が訂正しないで置くと何時までもそのままで変らなくなり
そんなとき画面が真っ黒になり英語で警告文?らしき物が出て、カーソルを
動かしてもBack Spaceを押してもそのまま動かなくなり、もうだめになって
しまったかと、がっくりでした。
PCの先生に見ていただきようやく息を吹き返してきましたが、もうダウンは
時間の問題と言われました。
それからが大忙しです!年賀状をどうにか作り、住所をすり刷り、住所や
ひなとんさんの絵をBack up、先生にいろいろUSBに取り込んで貰いました。

娘達にカンパをして貰いようやく新しいp cを今日買い求めてきました。

先日天気が良い朝布団を乾そうと、敷き布団を持って廊下からテラスへ
下りようとして、左足が下駄を踏み違えてバランスを崩しました。
右手は布団を外してガラス戸をつかみましたが、そのまま後ろに倒れ
こんでしまいました。布団を乾す前に小さな木のイスに枕をおいていましたが
そのまま下まで落ちて尾てい骨をうつ!と思った瞬間枕に腰を打ち付けていて
痛くもなんともなく、助かった~~でした。

もう一つのひやリ!は、近くの十文字交差点で西から東へ信号が青に変り
渡ろうと踏み出しましたら、黄色の小型車が私の前を西から北の方へ
が~~っと曲がって行きました。若い女性で左手で携帯を耳に当てていました。
私が数秒早く信号を渡っていたら確実に跳ねられていたことでしょう。
夫に話したら、車のナンバーを見なかったのが悪いと叱られましたが
よろっとして立ち直りナンバーを見ようとしましたが、その時はすでに走り去り
読み取れなくなっていました。

朝早く雀達が寄ってきます。お米を蒔いていたのですが、お米がなくなり
自働精米機を置いている方へ「くず米を分けて」と頼みましたら、持ちきれない
くらい沢山のくず米をタダで頂きました。
もっと沢山のすずめが電線で待っています。
a0126618_1732885.jpg

先日金かんがお安くなっていて金かんの焼酎煮を作りました。今回は吹きこぼさず
上手に作れました。
きんかん  1キロ  焼酎  1カップ  ザラメさとう700~800g
金かんのヘタを取り除き包丁で切れ目を4箇所入れて置きます
金かんをほうろうびきなどのお鍋で焼酎を入れてゆっくり30~40分煮ます
きんかんが柔らかくなったらザラメを数回に分けて入れ、弱火でしっかり
解けるまで煮ます このとき吹きこぼれますので注意しながら煮ます
a0126618_17113084.jpg


鹿児島の電車のコレクション ピンクリボン号や白くマ、黒ブタ号、大学名や
パトカー、消防車、チキンラーメンの可愛いひよこの絵など、電車が丸ごと
ラッピングされて楽しいです。
a0126618_17144931.jpg

a0126618_1715105.jpg

このBlogの文章が古いPCの最後のものでした。
今日、先生に来ていただいて、インターネットにつないでいただきましたが
アドレスがなくなっていて、がっくり~!お気に入りはどうやら無事でよかった~~!
そこで皆様にお願いです。私のアドレスへご自分のメルアドをお送り
くださいませんでしょうか~!よろしくお願いいたします。
[PR]
# by kagosima-e | 2013-12-15 17:16 | Comments(15)

今年もりんごケーキ(^^♪

数日前から寒い寒いを連発している夫はストーブを一日中焚いてぬくぬくしていま
す。むつ市の最高気温9度が、鹿児島の最低気温で、もうストーブを付けたの?と
笑われることでしょう~~。

9月末頃のまだ暑い頃、店頭に紅玉が並んだ事がありました。でもまだ暑くて
孫達に送るのには躊躇してしまいます。
それから2ヶ月冷蔵で無くても天然の冷気が入るようになり、遠くへも
送れる様になりました。

今年は2つずつ2回作りました。最初はサンフジで、今回は秋映えで作りました。
a0126618_22272747.jpg

a0126618_22275842.jpg

☆ ケーキ型にサラダオイルを塗りクッキングシートの四隅を真ん中から
   切り込みを入れてケーキ型に貼り付けておきます
材 料 薄力粉 350g  砂糖 250g前後  りんご2個(紅玉などの酸味の
 強い物)玉子 5個 サラダ油(バターを湯せんしてサラダ油をカップ一杯分に
します干しぶどう 100g前後 クルミ等のナッツ類) 50g ベーキングパウダー
大さじ1 塩 小さじ1 シナモン 小さじ1 レモン汁 大さじ1 23センチ四方の
ケーキ型 180度のオーブンで我が家は中段で70分焼いています。
お宅のオーブンの調子で時間調節してくださいね。

☆ りんごを小口切りにして、塩をまぶしてレモン汁をかけて混ぜておきます
☆ 干しぶどうに熱湯をかけて置いておきます。クルみも刻んでおきます
☆ 小麦粉にベーキングパウダーとシナモンを入れて混ぜておきます
☆ 今回はバター四分の一をステンレスのカップに入れ湯せんにかけ、
   残りにサラダ油を加えてカップ一杯にします。バターを入れるとコクが出ます
☆ この辺りでオーブンを180度に暖めて置きます。
☆ ボールに玉子を割りほぐしよくかき混ぜて置きます
☆ 砂糖を少しずつ玉子に加えて良くすりつぶして置きます
☆ サラダオイルを少しずつ入れておきます。
☆ 干しぶどう、ナッツ類を入れてりんごを入れてザっくりl混ぜて置きます。
☆ ザル3枚を重ねて小麦粉を振るって入れ、さっくりと混ぜて置きます
☆ ケーキ型に混ぜ合わせた種を入れて、30センチくらいの所からストンと
   落してがす抜きをして置きます。
☆ 180度に暖めたレンジの中に入れて、我が家は70分ゆっくりと焼き上げます。
☆ オーブンに入れて温度が元に戻るのが大抵10分くらい掛かります。180度に
   戻ってから10~13分くらいして、ケーキに焼き目が付いたら
   アルミホイルで上部をおおい焦げ目の調整をします。
☆ 焼きあがったらそのまま30分くらいオーブンの中に置いて置きます
☆ さめてから切り分けます

30人くらいのお集まりの時など材料を合わせて焼くだけで簡単に出来るケーキです。
パウンドケーキ型なら3個分出来ます。ぜひりんごの季節にお作りください。

今回は娘達の所へ冷凍しておいたブタ味噌も一緒に送りました。
田舎から「もみ」を一俵いたただ来ましたので、精米機で精米する事にしまし
たが精米機を使うのは初めてで、米の種類を選び、次に白米、無洗米、八分
などの搗き方を選んで釦を押します。やっと持てる位いの大きな袋のもみを
投入口から入れて料金を投入しますが、後もう少しの所でお金を継ぎ足して
入れるようにと機械が伝えてくれ、追加の100円玉を入れても機械は動かず
夫は怒るし~~(^_^.) ただ搗き方の種類の釦を押すのを忘れているだけで
釦を押すと動き出しお金も戻ってきました。
持ちきれなかったお米は16キロくらいになっていて、「機械に取られたのでは]
~?と戦時中の飢餓時代の夫は疑っていましたが、初体験も終わりました。
新米とケーキ、ブタ味噌、みかんなど大喜びの娘達でした。

[PR]
# by kagosima-e | 2013-11-20 22:35 | Comments(8)

二日続けて救急車

11日から14日まで次女一家が福井から帰鹿し、海に山に出かけ最後は
お墓参りをして慌しく帰って行きました。
籌3の受験生の兄の方は、相変わらずゲーム機が手放せず、babaの
心配をよそに、海山の遊びを楽しんで帰って行きました。
ぼんやりした写真は背丈がぐんと伸びて父親に追いついて来ている様子を
見ていただきたくて貼りました。
南さつま市の坊津は、中国の高層巖仁和上が日本に仏教を伝える為に
何度も失敗したようやくこの地へ漂着した、仏教伝来の地です。
その坊津の近くに美しい海岸があり、カラフルな熱帯魚と共に泳げる事で有名です。
a0126618_22354278.jpg

ぼんやりした写真はカメラを保冷バッグに入れていて、気温が高い所で写したので
曇りガラスに成り写せなかった物です。綺麗な丸木浜が写せず残念です。
畳ござ3枚が敷ける大きさの小さな海の家?、わたしはここで昼寝でした。
薄紫の砂浜に咲く花、あなたのお名前は~?大きなハマユウが暑さにも負けず
頑張って咲いていました。
a0126618_22515112.jpg

一週間前の日曜日、桜島が初めて5000メートルを超える爆発を起こし
街の真ん中は一寸先も見えないくらいで大変でした~!
私は街の真ん中にある病院でサポーターの会議があり、終わってから数人が残って
ピンクりんごTachiを作っていました。そろそろ終わろうと話していましたら、急に暗くなり
ブラインドを上げると、そこは土の壁!槌の幕が張った様でしばらくは
何も見えませんでした。灰の中をネットのお友達に頂いた和タオルを姉さん
かぶりにして、灰を避けました。すごい映像は、ネットから引っ張り出した物です。
a0126618_2371953.jpg

昨年通りがカリののお宅の方が下さった赤い大きな芙蓉の花が早速咲いてくれました。
a0126618_23124926.jpg

オレンジ色のジンジャーの花も素敵です~!
a0126618_23121361.jpg

玄関先の蜂に元気良く頑張っている子たち、蘭の仲間か白い小さな花が先がしました。
葉っぱの間に枯れた葉があると良く見るとなんと擬態の虫でした。
a0126618_2330197.jpg

この季節風にユ~らユ~ラ、毎年元気良く咲いている大たでの花
a0126618_23245014.jpg


昨日24日、早朝から庭の草むしりでした。気を抜くと直ぐ大きな草に覆われるので
油断もすきもありません。7時過ぎに椿の上子見にカラン、大きなかずらを
抜こうとぐ~~んと引くと、したからグわ~~んとむしの塊りが出てきて
鼻を刺して逃げました。多分蜂だと思います。
掛かりつけの病院の先生はこの時間はなれたご自宅でいらっしゃるし
救急車を呼びました。10分くらいできてくれて血圧を計ったり病院と話したりして
結局は近くの病院へ連れて行って貰いました。当初は計れないくらい高い数値の
血圧でしたが、徐々に200,156と最高の数値も下がってきて、ほ~~つ~!
薬を貰って鼻の上にガーゼと将毒液をおいて私の治療は終わりました。

本日25日、午後4時ごろ夫が足に力が入らないとよろよろしていてびっくり!
掛かりつけの先生のご指導で今日も救急車を頼みました。
救急車入り口から入り夫は直ぐ検査検査でした。数年前に起きた脳梗塞が
再発したとの事で即入院と成りました。
2~3週間の入院と成りました。暑い中入院している人は良いですが、
通院するほうは大変でした。言葉は確りしていましたが、足の方がどうなるか心配です。

[PR]
# by kagosima-e | 2013-08-25 23:26 | Comments(10)

ようやく巣立ちました

6月2日に、庭のハニワの置物の中へ、昨年に続き今年も5~6個の小さな
シジュウカラの卵が産み付けられているのを見つけました。

昨年は雛の声がして始めてシジュウカラの巣作りを発見したのですが
気付いてからなんと10日間で元気良く巣立って行きました。
親鳥が交互で3~5分位には餌をくわえて帰って来て、子育て上手な親鳥に
感心しました。と同時に巣立った後の巣が大変綺麗で、「発つ鳥後を濁さず」の
ことわざどおりとこれにも驚いた記憶があります。

ところが今年の親鳥の餌の運び方は大変遅く、何時餌を持って帰ってくるのか
雛達もあまり元気良く鳴かないので、無事巣立つのか心配な日が続きました。

鹿児島市のリホーム支援金を利用して、壁の塗装のやり替えをする事にしました。
その前の下処理で水圧の高い水で汚れを落とす工事で、大音響のバッテリーが
動き、若い職人さん達が動き始めて、親鳥はなお警戒してなかなか巣へ
帰ってきません。でもその内に慣れたのでしょう、大きな餌を加えて帰って
くるようになりました。

7月4日、私は歯科医院の予約があり、11時に家を出なければ成りません。
外で工事の方と話をしていると、ハニワの両方の入り口から、雛が外を
眺めているのを見つけました。
32日目でいよいよ巣立ちの時が来た~!と、慌ててカメラを取り戻ってきましたが
カメラを構えている間は顔を出してくれません。
ついに歯科医院へ行く時間が来て、心を残しながら出かけました。
買い物をして戻ったのが12時半頃でした。ハニワの所へ行きましたが
いつも聞こえていた雛の鳴き声は全くなくなっていました。
でもいつもの親鳥の鳴き声が電線の上から聞こえてきて、可愛い雛の鳴き声も
姿は見えませんが、カイヅカイブキの中から聞こえてきます。
夕方まで聞こえていた雛の鳴き声も次の朝には聞こえなくなっていました。

今年のシジュウカラは、ことわざ通りとはいかず、巣は汚れていて残念でした。

今年もノウゼンカズラの花が、6月始から咲きだしました。
近所のお宅のノウゼンカズラの花、元気に働いておられる奥様のような明るい花です
a0126618_231444.jpg

これも近所のお宅のグロリオサ、沢山咲いていました
a0126618_2334737.jpg

6月最終日のお墓参り、お墓の横の空き地には鬼百合が沢山咲いていました。
先日近くの土手の上に藍色のセージと共に咲いている鬼百合
a0126618_2372965.jpg

お墓の鬼百合と共にヒメヒオウギ水仙も咲いていました。
a0126618_2381845.jpg


何だか暑苦しい色の花ばかりになってしまいました。
先日雨がそぼ降る公園を久しぶりに通ると、ねじ花が沢山咲いているのを
見つけました。例年公園の東側の芝生の中に咲いているのですが、この日は
西側の方からシルバーの方々が芝を刈り取る工事をしておられて、危機一髪!
a0126618_23132489.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-07-06 23:13 | Comments(8)

雛は巣立つのだろうか~~

中国地方や近畿和歌山には台風からの湿った空気が前線を刺激して
大雨の被害が出ています。大雨の地域の方々にお見舞い申し上げます。
南九州は時折雨が降ったり止んだりで、蒸し暑く風は昨日より弱まっています。

6月2日に庭に置かれたハニワの置物の中に、シジュウカラが5~6個の卵を
産み付けていました。
昨年も同じはにわの中で雛が孵り巣立って行きました。気付いて10日目でした
今年の親鳥は巣に餌を運ぶ回数が少なく、鄙の鳴き声もあまりしません。
ところがこの数日わりと頻繁に親鳥が飛んでくるように成りました。
10日から2週間で巣立つのが普通だそうですので、もう20日近くなり
雛が無事に巣立つか、家主の私はやきもきの日が続いています。

ハニワが台風で飛ばないようにブロックの支えをしました。
雨が打ち込まないように昨年のような雨除けをしたかったのですが~~~
a0126618_16282542.jpg

先日プチさんの所で白いモミジ葉イチゴの花が紹介されましたが
こちらでは4月初めの筍掘りの時に、同じモミジ葉イチゴの花は咲いていました。
5月半ば卯の花が咲いている頃、黄色の大きなモミジ葉いちごが沢山なり
ほの甘く美味しく食べました。よその畑の隅のイチゴなど誰も見向きもしません。
ピンクの花が咲いた後、真っ赤なつぶつぶの苗代イチゴが実ります。
このphotoは3週間前の物ですが、現在はもっと沢山実っています。
ちょっと苦すっぱな感じで口の中に小さな種が残り、最後はペット吐き出します。
一番上の我が家のイチゴはゴールデンウイーク前の物です。
人間の口に入る前にほとんど虫に横取りされてしまってます。
a0126618_16402865.jpg

5月末、県立吉野公園で見つけた始めて見る花です。
大きな松の木の下に植えられていました。どなたかのblogで拝見したような~
a0126618_1643123.jpg

キノコも見つけ~!松の木の下なので松茸!じぇじぇ~
a0126618_1655924.jpg

ヒルガオも咲いてました。
a0126618_1645219.jpg

我が家のゼラニューム、元気良く咲いています
a0126618_1647215.jpg

6月始めの頃咲いていたロココだろうと思います。挿し木をしてもう4年目のバラです。
a0126618_16492216.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-06-20 16:50 | Comments(6)

おめでたい鶴を見に

明けまして おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

もう5日が過ぎようとしています。大晦日から鹿児島も冷え込んでほとんど
気温は10度以下の日が続いています。な~~んだ!とお笑いになられるかもしれ
ませんが、例年なら13度くらいが冬日の気温なのです。

花農家さんのロウバイは今冬は早々と咲き始め、芳しい香りに惹きつけられます。
a0126618_22274070.jpg


2日はお日様マークが付いています。気温も11度と少し暖かそうで、出水の鶴を
見に行こうと言う事になりました。

県北の出水市荒埼へは高速の終点の薩摩川内市まで行き、そこから国道3号線で
出水まで走りました。
途中巨大スーパーのA-Zへよりボンタンを買いました。7個で780円!!安い~~!
a0126618_2234239.jpg

今年は3日に荘中学校の生徒が端数調査をしています。
前回の11月10日より545羽増えて、全部で1万704羽の飛来が確認されています。
一番多いのはなべ鶴で1万101羽、世界中のなべ鶴のほとんどがここへ来ています。
首から下が黒褐色、上は白色で小柄な鶴です。
マナヅルは587羽の飛来で、なべ鶴よりあたまひとつおおきく、目の周りが赤いです。
背中の銀灰色が目立ちます。そのほかにカナダヅル、クロヅル、ソデクロヅル、
なべクロヅルなども来ています。
一昨年は鳥インフルエンザでここの鶴も感染して数羽が亡くなりました。
その年は立ち入り禁止となり見物は出来ませんでした。今年は消毒液が入った所で
タイヤの消毒をして、駐車場へ入ります。以前は入れた鶴のねぐら近くの道路は封鎖
されては入れませんでした。
立ち入り禁止の場所です。
a0126618_22512440.jpg

優雅に空を飛んでいますが、キャッチするのが難しくて大変でした。
a0126618_22541572.jpg

刈り取った借り上げ田んぼの跡に、鶴の餌を蒔いています。沢山の鶴達です。
a0126618_22583573.jpg

これはクロヅルでしょうか?
a0126618_2315111.jpg

これは鍋でしょうか
a0126618_233994.jpg

クr~~クァ~~グ~~ルトと鳴き声が物凄いでした。
飛ぶときも、田で餌を食べる時も必ず家族が揃ってツルの行動です。
素晴らしい家族愛ですね~~

ご近所さんから大きい白菜を2個も頂きました。早速朝鮮漬を漬けました。
金曜日のボランティアの皆さんへお土産にして出かけました。
a0126618_23171718.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2013-01-05 23:09 | Comments(8)

今年も江口浜へ

動物園は大勢の子供連れで賑っていました。
暑い中でも山を切り開いて作られた動物園なので、木陰が多くベンチなども置かれ
又霧吹きのようにミストが少し冷たい水分を放ち、とても気持ちよくそんなに疲れませんでした。

全九州広告美術コンクール作品の平川動物園の広告作品で、鹿児島市議会長賞の作品です。
a0126618_6342653.jpg

鹿児島市のマンホールの蓋は、まったく面白みの無い物ですが、
動物園だけは子供用にちょっとカラフルです
a0126618_6362760.jpg

動物園の帰りに、同じ谷山地区にある「川上ソーメン流し場」にいきました。
くるくる回るソーメン流し器は、昔指宿の唐船峡のある地区の町長さんが考案した物です。
川上ソーメン流しも、前の山から沸き出る冷たい地下水で、ソーメンもますの塩焼きやおにぎりが
とても美味しいでした。
a0126618_6432950.jpg

次の15日は昨年行った江口浜の海水浴場へ行きました。
今年も綺麗に澄んだ水で気持ち良く遊べました
a0126618_6472522.jpg

海岸には大きな高いはしごいすに監視員の方が見張っていて、
沖にはライフセーバーが立漕ぎで巡回しています
親子でくらげに刺され、氷で冷やしています、嬉しそうにピースサイン!おかしい~~
a0126618_6505632.jpg

潮が満ちて引くときに、小さなカにがさーっと海に向かい走ります。残り物でお弁当、
今年はいなり寿司がメインかな~?デザートはスイカです
a0126618_656123.jpg

江口浜は設備の整った海水浴場ですが、こんなにゆったりしています
a0126618_6583316.jpg

帰りはいつもの温泉でぬるめのお湯を楽しみ、夜はこれも毎年行くラピュタボタンレストランで食事でした。
夕方の桜島と海が美しい
a0126618_722680.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2012-08-23 07:03 | Comments(16)

黒酢の里から桜島へ

前回のblogでも書きましたが、錦江湾沿いの国道10号線はこの季節、
道路沿いにはほとんど切れ目なく、オレンジ色の鬼百合が咲いていました。
車が止められないので「綺麗だね~~」と言いながら写せませんでした。
霧島市福山町は、大昔大きな火山が爆発して姶良カルデラが出来て、
その外輪山が町の北側を囲んでいます。その山々が冬の冷たい北風を防ぎ、
夏は太陽の光を緑の樹木が吸い込んで、一年中気候温暖な土地なのです。
この気候を利用して昔から酢をかめ壷で作る仕事をしてきた町です。
健康補助食品で使われている黒酢は、ほとんどがこの地で作られた黒酢です。

黒酢には人間が自分の体で合成することが出来ないアミノ酸、9種類の必須アミノ酸が多く含まれています。
たんぱく質を構成しているのは20種類の程度のアミノ酸と言う物質で、
あらゆる細胞にとって必要な栄養素です。バランスよく摂取すると、体内で効率よく活用されるそうです。

案内の方が調子よく説明されて、一日一度の黒酢より、ペットボトルに黒酢水を作り
一日何度も飲むほうが良いと言われました。
そこで私は500mlの温泉水(夫がいつも貰ってくる)に大さじ2杯の黒酢、塩をteaスプーン半分の塩を入れ
外出にはペットボトルホルダーに入れてひんやり冷えた物を持ち歩いています。
夫は大さじ1敗の黒酢を用意しましたが、酢が嫌いなので一日で嫌だ!と飲むのを止めてしまいました。

角志田  角の左に木偏が付くのですが探せません。カクイダとよみます。
この黒酢屋さんには全部で3万個の黒酢の壷があり、有機の壷畑には綱が渡され
立ち入ることは出来ませんでした。
この春に仕込んだ壷にはカビのような物が浮んで汚い感じでしたが、1年目、3年目の壷は美しく澄んでいて
手の甲に少し落とされた、お酢の味は年代ごとによりとても円やかになっていきました。
a0126618_17223482.jpg

黒酢の原料は、米と米麹、福山の山から湧き出す美味しい水により出来ます。
お米の分量が少ないと普通のお酢になり、玄米などを使い何年も置くと黒酢になります。
壷は常滑焼を使っていたそうですが、どんどん値段が高くなり
今は東南アジアからの壷を使用しているそうです。
国内産の壷はつや消しで渋い感じ、光るのは輸入品です。
ランチはここのレストランで黒酢が使われたお料理を頂きました。黒ブタのポークソテーや鯛のポワレを
ジジ先生と半分こして美味しく頂きました。Mさんは黒酢カレーでこれも美味しかったそうです。
a0126618_17321444.jpg

桜島は大正時代まで島でしたが、大正3年の大爆発で大隈半島と流れた溶岩で繋がってしまいました。
カクイダの外に出ると、昭和火口が噴火をしていて灰色の噴煙がもくもく湧き出していました。
途中でmさんがグリーンジュースをご馳走してくださって、焼き芋も頂きました。ジジ先生と半分ずつ持ち帰り
美味しく頂きました。
a0126618_17472057.jpg

昭和火口の北東には黒神という集落があり、ほとんど毎日火山灰が降るところです。
大正3年の大爆発ではここにあった小さなお宮の鳥居、3,3メートルあったそうですが、
上の部分を残して火山灰で埋まってしまいました。
a0126618_17511092.jpg

黒神への道にはねむの木が淡いピンクの花を沢山付けて咲いていて、火山灰に負けない姿に感激でした。
昭和火口の東側には火口を見上げる場所に展望台があります。雨が降り出しましたが先ほどの噴火の後は
どの辺りか直ぐに分らない感じに静まっていました。
a0126618_17555923.jpg

私達が子供の頃は一面ごつごつした溶岩原が広がっていたのですが、
60年も経つと溶岩は全て樹木に覆われて、巨大な溶岩だけが樹木の間から出ているだけです。
人の顔やゴジラのような、わんこのような色んな物に見えてきます。
a0126618_17595666.jpg

大正溶岩原はほとんど原生林になりつつあり、桜島の4合目の湯平展望台へ行きました。
晴れた日は目の前に櫻島の山肌が迫り大迫力なのですが、雲でほとんどが覆われて雨でえぐられた山が
少し見えただけでした。噴火も無くてホッ!でしたよ。
爆発は800メートル以上の噴煙と爆発音が聞こえるのを言うそうです。それ以外は噴火なのだそうです。
a0126618_18131815.jpg

桜島と市街地は15分おきにフェリーが出航しています。24時間フェリーは運航していて
大隈半島の足として活躍しています。
素敵なジジ先生が桜島をバックに
a0126618_18183164.jpg

[PR]
# by kagosima-e | 2012-07-16 18:23 | Comments(8)

札幌のジジ先生 優しい笑顔で鹿児島へ

5月の始め頃、ぴーまるさんの「みんなの街」でお馴染の札幌のジジ先生が
鹿児島で開かれる学会へ参加されるご主人に同行して、鹿児島へ来られると言うメールを受け取りました。
ランチをご一緒したいと書かれていて、「うわ~~!あの素晴らしいコメントを書いてくださるジジ先生に
お会いできる!と思うと、もう胸がどきどきでした。

鹿児島は20年ぶりなのだそうで、一日ゆっくりご案内しようと、何時もあちらこちらへ連れて行ってくださる
ドライバーのM氏に7月5日を島津別邸と、錦江湾奥の黒酢の壷畑の見学、桜島の黒神から
桜島の昭和溶岩、湯平展望台へ上がり、フェリーで市内へ渡りホテルへと言うコースで
案内してもらうことにしました。

でも梅雨末期の鹿児島はとんでもない大雨が降り、まずお天気がどうなるか分りません。
7月5日(木)は、一週間前は月から木まで曇りでしたが、月から水まで全部傘マークが付き、
曇りにお日様マークの木曜日も、前日は曇りマークに変っていて、おまけに北部九州、大分など
豪雨被害が出る始末、夜が明けて空を見ると曇りながら時折日が差す、この季節には珠玉のお天気でした。

ホテルにお迎えにあがり、色白の優しい笑顔のジジ先生にお会いできて、大感激でした。
島津氏別邸は明治維新で鶴丸城から、この別邸に島津氏が引っ越して暮らされたお屋敷です。
雄大な桜島を借景としたお庭で、琉球芝が昔から張られていたのだそうです。
a0126618_18151216.jpg

お殿様がお屋敷に入られるとき使われた錫(すず)のご門。琉球漆の赤と、屋根に錫が張られています。
薩摩はこの錫の産地で、色んな工芸品も作られています。
a0126618_1819935.jpg

お屋敷と右側の大きな松は、琉球から持ってきた琉球松で、
私が子供の頃からどっしりと構えた大きな松の木です。
a0126618_18211519.jpg

お座敷も見学できますしお茶も頂けますが、クーラーが無いのでここはパスでした。
お庭の大きな獅子灯篭と、裏庭の曲水のにわです。桜が咲く頃ここに平安時代の衣装を着けた歌人が
小さな小川に杯を流し、自分の前に来るまでに歌を詠み歌い上げる「曲水の宴」が開かれます。
大勢の見学者がこられますが、お高い見学料が必要です。
a0126618_1828792.jpg

庭園には珍しい木もありました。ばくちの木 5~6月に木の肌が剥がれて来て、その木肌が染料に使われて
八丈島では黄八丈の染料になるのだそうです。木はマホガニーの代用となり、
ばくち水は咳止めとなる木だそうです。

江南竹林は、1736年琉球国から江南竹(孟宗竹)を2株取り寄せ植えた竹林です。
美味しい孟宗竹は、ここから全国へ広まって行ったそうです。
a0126618_18375048.jpg

庭園を歩きクーラーの聞いたお部屋でお薄を頂きました。この季節のアジサイがお菓子になっていて
さつま芋も使われているのでしょうか、美味しいお菓子でした。
薩摩の国は貧しい藩でしたので、立派なお雛様は飾れず、この糸雛が飾られていました。
a0126618_18412060.jpg

庭園の裏には水の施設があり、うらの川から水を引き、貯水の倉庫や、「迫んたろう」と呼ばれる
水を利用した臼が残されていました。
a0126618_18485563.jpg


島津別邸を11時ごろ出て、錦江湾を奥のほうへ走ります。国道10号線の道沿いにはピンクのねむの花や
オレンジの鬼百合がいたるところで見られて、ジジ先生を歓迎しているようでした。
続きは又明日~~
[PR]
# by kagosima-e | 2012-07-10 18:49 | Comments(14)

元ちゃんの キュウリのキュウちゃん 美味しいですよ!

毎日時々雷が鳴り響き、ザーザーと音を立てて雨が降ります。
早朝の草抜きは手も足も出ずお休みするしかありません。
横目で見ながら休んでいる間に雑草はどんどん成長して増殖中です。

一週間前に、お馴染みの横浜の元ちゃんのblogに、早朝散歩の無人スタンドで手に入れた
曲がりキュウリで、キュウリのキュウちゃんを昨年に続き作られたと紹介がありました。
私も今年も元ちゃんのまねっこで、簡単に出来てカリカリ歯ざわりの良い
美味しいキュウリのキュウちゃんを作りました。
元ちゃんいつも教えていただいて有難うね~~(^-^)

街の中心の野菜屋さんで4本が88円の、大きいのや曲がった物、小さいキュウリなどが入った
不揃いのキュウリ達を4袋買いました。約2キロありました。
上下を切り冷蔵庫の中のキュウリ2本も入れて、1,9キロくらいになりました。
2キロの分量で作りました。

キュウリ   2Kg  5~10ミリの小口切り
生姜適宜
漬け汁用  酢 1C 砂糖 2C 醤油 2,5C

作り方

漬け汁を煮立てて火を止め、そこにキュウリの小口切りを入れて、冷めるまで置いておく

冷めたらキュウリをざるに上げて、漬け汁を再び煮立てる

キュウリを入れて又冷めるまで置く

もう一度これを繰り返し、漬け汁が半分になるまで煮詰めて、千切りにした生姜とキュウリを入れて

冷めたら容器に入れて、冷蔵庫で保存します

キュウリ   1Kg  小口切り
生姜適宜
漬け汁用  酢 0,5C  砂糖 1C 醤油1,5C
作り方は2キロと同じです

a0126618_2124053.jpg
a0126618_2132322.jpg



自然に冷めるまで約2時間くらい掛りました。時々かき混ぜて冷まします。
大きな瓶に2つ分出来ました。あちらこちらに差上げて喜ばれています。
a0126618_18412956.jpg

雨で日中でも薄暗いですが、ノウゼンカズラのオレンジはお日様色に輝いているようです
a0126618_18434174.jpg

グロリオサも藪の中で優雅です
a0126618_18445985.jpg

雨の中で静かに咲いているアカバンサス
a0126618_18472093.jpg

4年くらい前に花農家さんから頂いたへメロカリス。土地にあったのでしょうか大きな株になりました。
赤いビロードのような大きな花ですが、一日だけで萎れてしまい、どなたにも差し上げられません。
a0126618_18502025.jpg

もうギボウシも咲いています
a0126618_18521668.jpg


明日も雨の予報です。今年の梅雨は年間雨量の半分は20日間くらいで降った事になるそうです。
[PR]
# by kagosima-e | 2012-06-26 18:53 | Comments(10)

跡を濁さず あっぱれ!シジュウカラの巣立ち

4月18日 庭に置かれた高さ40センチの古い兵士の埴輪の中から、かすかにジュクジュク
と、小さな鳥の声が聞こえてきました。そういえば数日前から餌を加えたシジュウカラが
飛んで来ていたのは知ってましたが、まさか木の枝ではなく土の上の埴輪の中が、小鳥の巣に
為っているなんて思いもしませんでした。

先週も今週も寒い日があったり、大雨の日があったりで巣の中が濡れてないか心配で
板木で出入り口を狭めて雨が振り込まないようにしたり、風で飛ばないように重い塵取りを
埴輪の上にかぶせたりしました。

今朝6時過ぎから草むしりをしながら観察していますと、ヒナ達の鳴き声が大きな声になり
親鳥とあまり変らないような~~と感じられました。
今朝も頻繁に交代で餌を運んできている親鳥です。
a0126618_20415620.jpg

7時が過ぎると、なんと埴輪の腕の付け根から雛の顔が時折覗くようになり、ひょっとすると
巣立ちが近いのではないか~~?と、カメラをつかんで庭に戻りました。
右の穴から外を眺める為に出てきました。
a0126618_20455521.jpg

左の穴からも覗いています
a0126618_20464781.jpg

巣の中ではヒナたちの鳴き声とともにバタバタバタと羽ばたきの音も聞こえてきます。
義妹夫婦もやってきました。
左の穴から右を向いているヒナ
a0126618_20493358.jpg

そしてついに一番目の雛が巣立ちました。山茶花の垣根の所まで飛んで休んでいます
a0126618_20505860.jpg

左右の穴から4羽目と5羽目が同時に顔を出して巣立つかどうかを思案中です。かわいい~!
a0126618_20553330.jpg

2羽めと3羽めは後ろの木と、白い花の塊りの中で休んでいます。
a0126618_205771.jpg

a0126618_20573948.jpg

最後に飛び立ったヒナは玄関の所から動けず心配していましたが、
いつの間にか消えていました。
a0126618_20591974.jpg

義妹の家に飛べないヒナがやってきて、動けないヒナに親鳥が餌を運んでやってましたが
これもいつの間にか飛び去ったそうです。
5羽の雛が18日に卵からかえり28日に巣立ちでした。
検索すると誕生から巣立ちまでは、17日から20日位の日にちが掛かると
書いてありましたが、暖かい南国だからでしょうか10日間での巣立ちで驚きです。
全部飛んでいってから埴輪を持ち上げて見ました。埴輪の胴体の下には2センチくらいの
高さのあし?がありそれが土に埋まっていて、水に濡れる心配は無かったのでした。
細い細い糸のような羽毛が敷き詰められていて、底には苔が敷かれているようでした。
もしや育たない雛がミイラになっていたら?などと想像していましたが、我が家より綺麗に
お掃除の行き届いたシジュウカラの巣でほんとに感心しました。
a0126618_21123774.jpg

巣を刺激しないようにと草もむしらなかったので、午後から草を抜きました。
a0126618_21132190.jpg


18日から10日間は一日中シジュウカラの巣が気になる毎日でした。
目が覚めると障子をあけてまず巣を見ます。雛がかえって3日目くらいに埴輪の横に
黒猫が座って穴を見ていました。親鳥が警戒の鳴き声をけたたましく上げていて、
慌てて戸を開けました。この黒猫はそれから2回も横に座っていて、夫が用意した小石を
逃げていく後ろに当らないように投げて追い払いました。

今日はもう庭からしじゅうからの声は聞こえず、遠くで近くで巣立った雛鳥や親鳥の鳴き声が
時折聞こえてくるだけでした。夫と二人寂しくなったね~~、又来るかな~~
それにしても人間よりしっかりした子育てで、掃除も行き届きシジュウカラ夫婦は
あ@っ@ぱ@れ~~!
[PR]
# by kagosima-e | 2012-04-28 21:25 | Comments(8)

東日本大地震お見舞い申上げます

3月11日の巨大地震からもう17日が過ぎようとしています。
もうソメイヨシノの開花が届く頃になっても、東北の地は雪が舞い真冬を思わせる
冬将軍が居座っています。今朝も震度5の地震があり、余震もまだまだ続いています。

お亡くなりになられた方は1万人を超え、なお行方不明の方々が1万9千人も居られ、
避難されている方々は25万人近くに成り、日本の歴史始まって以来、最大未曾有の大災害になりました。
絶対安全と信じ切って生活しておられた、福島原子力発電所。地震と津波による発電施設への大破壊
見えない放射線が、広く関東まで水や野菜牛乳など汚染しており、被災された皆様の
重なるご苦労を思い胸の痛む日々です。
原子力圧力容器が破損している可能性があり、冷却機能の回復はまだしばらく時間がかかるとの発表がありました。
2号機の水たまりからは10万倍と言う放射性物質が検出されて、海水も、、、。
一日も早くこの大事故が収まるようにと祈るより仕方がありません。

巨大地震以降、この国の政治は、経済は、人々の生活は、、、、又息子が頑張って
ようやく売り上げも伸び出した我が紳士服店は、売り上げが落ちることは必至と考えられて、
色々考えると眠れない日が続きます。

そんな中、ラジオから流れてくる「アンパンマンの歌」や忍たま乱太郎の主題歌「100%勇気」
「JUpiter]の曲を聞いたり、添えられた全国の皆さんからの励ましのお手紙を聞きながら
時には一緒に泣いたりしています。

実は3月8日にブログを開こうとしましたら、ログインできず「このwebサイトのセキュリティ
証明書には問題があります』と出て、exblogへ尋ねようとしてもアドレスが分からず、
どうしようもありませんでした。PCの先生も私も忙しくて落ち着いて解決方法が見つからず
そのままにしていました。ところがつい一週間前半分あきらめながらもログインしてみますと
なんと入れるではありませんか~!地震でPCも可笑しくなったそうですが、私にはラッキーに
作用してくれたようです。このまますんなりと使えるように祈るばかりです。

本日3月28日は、ベックラママさんのお命日でした。一年前の夜の驚きとショック
昨日のことのように忘れられません。マシンガントークとうふふと笑われるお声がまだ耳に残っています。
3月は私の両親が亡くなった月であり、巨大地震ガ起きた月、ベックラママが彼の地へ旅発たれた月です。

Every day I listen to may heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を 越えて輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

平山綾香さんの美しい声に癒されます
a0126618_17555027.jpg

スモモの花が今年始めて咲きました
a0126618_17571216.jpg

クリスマスローズ、咲かないな~と思ってましたら、気付くと沢山の花が咲いていてびっくり!
a0126618_1759556.jpg

紅カップ水仙 青い花にら
a0126618_1812037.jpg

a0126618_1815547.jpg

田舎から移植した薄紫のタチツボスミレ、2センチくらいの大きな花びらで咲きました。
a0126618_1833472.jpg

白木蓮ともくれん
a0126618_1843182.jpg

3月7日に熊本県の小天(おあま)町へ、啓翁さくらを身に同窓生11名で行きました。
昨年までは3日に満開との事でしたが、今年は寒が強くてようやく一枝が申し訳なさそうに咲いていました。
a0126618_1884589.jpg

帰りには熊本城の見学をしました。鎧武者の扮装をした青年がいて、韓国からの旅行客がカメラで
一斉に写していました。美しい熊本城
a0126618_18123046.jpg


一昨日の土曜日田舎で、草刈作業をしました。途中レンガの咲いている田を見つけ、
帰りに写すことが出来て嬉しいでした。今回も温泉へより綻び始めたソメイヨシノをパチリ!
a0126618_1816026.jpg

a0126618_18162345.jpg


そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとへ胸の傷が いたんでも

ああ アンパンマン
やさしい君は
いけ みんなの夢 まもるため

そうさ 100%勇気 もう がんばるしかないさ
この 世界中の元気 抱きしめながら
そうさ 100%勇気 もう やりきるしかないさ~~♪

みなさん 頑張ってくださいね~~~!
[PR]
# by kagosima-e | 2011-03-28 18:25 | Comments(14)

謹賀新年 雪の元旦でした

皆様 明けましておめでとうございます!

ご家族お揃いで良いお年をお迎えのこととお慶び申上げます。
今年もマイペースで無理なくブログを続けようと存じます。どうぞ遊びにいらして下さいませね。

処で皆様お住まいの所では初日の出はご覧になれましたか~?
鹿児島は南国という看板を下ろすくらいの大雪に見舞われて、雪の元旦でした。
大晦日起きて見たら予報通りに真っ白の雪に覆われていました。
a0126618_22221846.jpg

一日中止むこともなく大きな雪や小雪が強い風で横殴りに吹き付けて、元日の今朝8時にはこんなふうに
a0126618_22244088.jpg

道路を隔てた斜め向かいのお宅の車もこんなにつもり、屋根の雪は少しずつずり落ちてきます。
a0126618_22275314.jpg

10時ごろになると雪が止みお日様が暖かく気温も上がり外へ出て雪だるまを作りました。
水分を含んだ雪は重たくて、頭の方は夫と二人で持ち上げて、
1メートルくらいの大きな雪だるまが出来ました。
a0126618_22335225.jpg

櫻島も真っ白に光っています。ズーム機能がおかしくなりシャッターが押せなくなりました。
a0126618_22353555.jpg

畑の先生の畑は雪のお布団をふんわりとかぶって、、、
a0126618_22372326.jpg


30日には金柑の焼酎煮を作りました。大きく見事な金柑がキロ450円、今年一番のお買得でした。
焼酎で煮てから粗目を入れて、ザラメが溶けるまでゆっくりと煮ますが、
そのときちょっと油断すると沸騰して吹きこぼすことが多々あります。ここを注意すると簡単に出来ます。
a0126618_22423178.jpg

お元日の朝のお雑煮、こちらでは丸もち、白菜、里芋、豆もやし花形人参、焼きえびなど入った
見ただけでおなかいっぱいの物ですが、我が家は焼きえびとかまぼこ、
白菜たっぷりに焼いたお餅のさっぱりお雑煮です。今年は早々と特売の焼きえびを買っていましたら
小さくて貧弱な物でがっくりでした。
a0126618_22481035.jpg

お幸せな一年でありますようにとお祈り申上げます~!
[PR]
# by kagosima-e | 2011-01-01 22:55 | Comments(12)