鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夫が歯の80・20運動で表彰式へ ロケット打ち上げ成功!

鹿児島市の歯科医師会と鹿児島市の主催で「80歳で20本の歯を」
残そうと言う事で、80・20運動を歯科医師会が推進しています。
11月14日に市の公民館で80歳で20本以上の歯の持ち主の
表彰式がありました。全部で122名の人々が表彰されましたが
出席した人々の代表で、ご夫婦でご出席の方々が代表で
表彰されました。
一人一人の名前とスナップ写真と共に、何本の歯の持ち主と
紹介されました。金婚式やお孫さん達との楽しげな写真に
心が和みました。夫は登山用のピッケルを持っていて
おじいさんしています。25本の歯を持っています。

a0126618_20490201.jpg
a0126618_20494624.jpg
80歳の皆さんは背筋もピンと伸びた方が多く、特に女性の方々は
皆さん素敵なお洒落な装いで、昔の80歳の方と比べると10歳は
若くていらっしゃるようでした。
ご出席の方で最高の方は31本の歯をお持ちでした。
親知らずが1本かけているだけだそうです。
31本の方は3~4人おられました。
30本の方も8~9人はおられたような気がします。
歯をしっかり残して自分の歯でしっかり食べ物を食べる大切さを
学び、歯周病は再発しやすいので、専門家のケアが必要で
健康な高齢者で頑張ろうと、お口の体操など楽しい会でした。
a0126618_21000350.jpg
a0126618_21003006.jpg
a0126618_21010026.jpg
a0126618_21012584.jpg
今日虫歯の治療に行きましたが、私の歯は何本残っているか聞きました。
親知らずなど抜いていますので、20本はないだろうと思っていましたが
何と26本自分の歯が残っているそうです。
80.20運動は大丈夫とお墨付きを頂きましたが
80歳の表彰はまだ5年もあり寿命が持つかどうか~~(^◇^)
14日の小川作小屋村のお土産は、田舎の物ばかりで美味しく
頂いています。
a0126618_21081653.jpg
立派な生シイタケ15枚で300円、焼いて頂きました。
里芋700g150円干し筍600円、春菊100円。山芋3本600円。
他に小ねぎ100円。干しシイタケ300円柚子ケーキ600円
山芋の皮をむいて、お味噌汁に入れました。柔らかいお芋の感触が
とても美味しく、大根、生シイタケや春菊も入ました。
山芋すりすりして~ひきがつよいです。お鍋にいっぱいできました
a0126618_21191759.jpg
a0126618_21192781.jpg
a0126618_21194118.jpg
a0126618_21195208.jpg
今日24日夕方5時50分、種子島からH2Aロケット29号機が
打ち上げられて、軌道に乗り打ち上げ成功しました。
ご近所の爺婆が寄り集まって見守る中南の方から北東へ、
白いロケット雲が飛んで行き、皆で拍手でした。
a0126618_21261491.jpg
ロケットの根っこは
a0126618_21265935.jpg


[PR]
by kagosima-e | 2015-11-24 21:27 | Comments(10)

平成の桃源郷 おがわ作小屋村へ

九州中部熊本県と宮崎県の県境の中央山地、国定公園の
市房山を主峰とする山々に源を持つ清流の一ツ瀬川の自然に
恵まれた、宮崎県西米良村のそこから細い道を27キロ入った
小川作小屋村へ、ボランティアの仲間9人で、マイクロバスで紅葉と
16皿にこの村落にある材料だけで作られたご馳走をいただきに
参りました。5時45分に起きて「まだ起きるのには早いよな~」と
布団の中で、気象予報士の南さんの気象予報を見ていました。
5時52分頃、ゆらゆら部屋が揺れ始め、ゆさゆさからぐきぐきと
大揺れになり、こんな地震は初めての体験でした。
東シナ海の震源地ではマグニチュード7,0で92年振りの大きな
地震だったそうです。
皆様から地震についてご心配頂き、お見舞いのお言葉
頂戴しまして有難うございました。

南さんの予報では前日までの大雨から曇りと雨が60%位で
降られるのかな~と、せっかくの旅行日なのに~と、
ちょっとブルーになっていました。
ところが走行中は少しフロントに雨粒が当たりましたが
降りて少し歩いたりする時はほとんど降らず仕舞いで
ありがたい一日でバンザ~い!でした。
少し山には霧がかかっていました

a0126618_21092730.jpg
TVで平成の桃源郷と紹介されても、村の方々は
「こんな山奥には来る人はない」と、思って居られたそうですが
あにはからんや、全国各地から訪ねてくる人が絶えず
キャンプ場まで出来て賑やかな村になっているのだそうです。
この村の大地主「菊池氏の邸宅は現在資料館」になっています。
a0126618_21174375.jpg
この橋を渡り菊池資料館へ行きますが、時間がなくパスでした
a0126618_21195420.jpg
この柿は「「かたかき」と言い、柿の原型だそうです。
この柿が改良品種されて、いろんな甘柿などができたのだそうです
a0126618_21231013.jpg
向こうのかやぶき屋根の古民家で昼食でした
16皿のこの土地で採れた物でこの村の方が作られたお料理です。
唯一のお肉はシカ肉の揚煮で柔らかく、味も薄味で美味しいでした
a0126618_21300791.jpg
お吸い物は団子汁でした
a0126618_21293181.jpg
かやぶき屋根の家の裏は渓流が流れていて、夏は子供たちが泳ぐ
人気のスポットだそうです
a0126618_21331756.jpg
a0126618_21335167.jpg
案内板
a0126618_21352926.jpg
やぶらんでしょうか見事な黒い実がたくさん
a0126618_21373304.jpg
山道は岩を切り開いて作られたり、川の小さな小石を積んで作られたり
a0126618_21395187.jpg
a0126618_21400958.jpg
一ツ瀬川にはヘラブナ釣りの釣り船が係留所で待機です
a0126618_21433539.jpg
西米良村は米良良一氏の出身地で、山の精霊「かりこぼうず」が
いたるところに出てきます。
日本一の木造の車が通れる大橋「かりこぼうず大橋」
a0126618_21473527.jpg
a0126618_21474997.jpg
昔の絵巻のカリこぼうずと現在のキャラクターのかりこぼうず
a0126618_21493324.jpg
a0126618_21495194.jpg
みんなで楽しい旅でした
a0126618_21511206.jpg
団栗の背比べ、みんなおチビさんたちです


[PR]
by kagosima-e | 2015-11-16 21:52 | Comments(9)

汗を拭きながら冬物の入れ替え

先週から南九州は夏日と同じ25度以上の日が続いています。
あまりに暖かい日ばかりなので、夏物と冬物の入れ替えが中々
出来ませんでした。8日は立冬で昔は霜も降りていたような気が
します。あまり遅くなると急に寒くなったとき慌てますので
入れ替えをしましたが、その日は蒸し暑い日で汗を拭きふきの
作業でした。
終えてから隣町吉田町の温泉、渓谷苑へ参りました。
途中我近所では見ない、皇帝ひまわりが咲いていました。

a0126618_14482187.jpg
a0126618_14485619.jpg
皇帝ダリアも
a0126618_14495040.jpg
a0126618_14502582.jpg
青空が似合いますね~
温泉の入り口のもみじが少し紅葉して渓谷に勢いよく水が流れて
a0126618_14530907.jpg
この日は温泉にも露天風呂にも、誰も入って無くて私の貸し切りでした。
カメラを持って行きましたのに、車に置いたままで~~残念~!
我が家のさつま野地菊もあっという間に満開です。
a0126618_14582368.jpg
a0126618_14580854.jpg
姫ミゾソバでしたかしら?葉っぱが綺麗に紅葉
a0126618_15000721.jpg
近くで今年初めてのスミレを見っけ~~
a0126618_15011299.jpg
お隣のおばちゃん宅のむべです
a0126618_15020661.jpg
細い道のお宅の入り口のピンクのランタナ、見事です
a0126618_15033160.jpg
a0126618_15040059.jpg
渓谷苑の近くの道の駅で、見事な生姜を見付けました。1,3㌔で860円
元ちゃんに教えて頂いた生姜の佃煮を作りました
材料は生姜、野菜昆布、干し椎茸、えりんぎ、縮緬雑魚、鰹節、いりごま
a0126618_15085629.jpg
生姜の子を切り離してよく洗い皮をむきます
a0126618_15101537.jpg
小口の薄切りにして
a0126618_15111530.jpg
椎茸、エリンギ、昆布
a0126618_15115424.jpg
a0126618_15121466.jpg
a0126618_15125638.jpg
出来上がり ジンジャーシロップも沢山出来ました
a0126618_15140539.jpg
a0126618_15142083.jpg
生姜のゆで汁2ℓに1㌔gの砂糖、常温でもかびません。
紅茶や、熱湯で薄めたり、炭酸ソーダーで割って美味しく飲めます。


[PR]
by kagosima-e | 2015-11-10 15:17 | Comments(11)

上天気の文化の日

10月は2日に3ミリ25日ごろ7ミリの雨が降っただけで
こんなに雨の降らなかった月は、これまでありませんでした。
何もかもカラカラ状態、菜っ葉など洗った水はバケツに取り置き
花の鉢や畑にまく始末です。
ブルーベリーの脇の木が水不足で枯れかけてしまいました。
鹿児島は台風が襲来する時、低気圧の加減で遠くへいても雨が
降ってくれて、長く生きていますが雨ごいはまだした事はありません
でした。でもこれからは温暖化による気候変動が激しくなり
南九州も乾燥地帯になるのでしょうか~・
畑のミニトマトがまだ元気で甘いトマトを提供してくれます。
先日は全部採ったと思っていたのに、一番下に真っ赤なミニトマトが
隠れていたのを見っけ~~!
県北では霜も降りようとしているこの時期に、まだまだ
沢山の実が付いています。

a0126618_15574622.jpg
a0126618_15570010.jpg
a0126618_15572996.jpg
この時季は黄色の花が目に付きます。
アンデスの乙女、先日のカルカン元祖「明石屋」さんの店先に
a0126618_16010536.jpg
a0126618_16014799.jpg
街中にあまり見ない花がベランダを覆って咲いていました
アラマンダ アリアケかづらかも知れません
a0126618_16043220.jpg
a0126618_16045062.jpg

                               ツワブキの花がいたるところで黄色の花を咲かせています

a0126618_16592093.jpg
a0126618_16583971.jpg
a0126618_16582215.jpg
マリーゴールドも燃えるように元気です
a0126618_17002974.jpg
a0126618_17005114.jpg
畑にはジャガイモの花が優雅にさいていて
a0126618_17021406.jpg


ハナチョウジももう3ヶ月くらい咲いています

a0126618_17023748.jpg
a0126618_17025467.jpg
再び咲き始めた畑の隅っこのジンジャーの花
a0126618_17051858.jpg
我が家の畑に咲いている濃い紫の野菊ですが紫色が飛んでいます
a0126618_17083692.jpg
♪かわいい~野菊 薄紫よ~♪歌われたのはこの野菊では~?
a0126618_17085239.jpg
乾燥した土手の木の下で、雨露にも当たらず辛抱強い小さな野菊
a0126618_17090557.jpg
近所のお玄関で咲いていたリコリスの仲間かしら~?
a0126618_17132301.jpg
やぶの中のハゼの紅葉 小さな秋
a0126618_17142870.jpg
明日4日は義父の祥月命日です。花農家さんからのプレゼント
お墓参りに持って行きます
a0126618_17160480.jpg


[PR]
by kagosima-e | 2015-11-03 16:06 | Comments(8)