鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

急に寒くなりました 敬老会に参加

この数日天気が悪く、十五夜のお月見もスーパームーンも拝むことが出来ない日が
続いています。雨模様なのに台風のせいか気温が高く29度くらいで
夏と同じ首タオルの日々でした。今朝歯科医院の予約で外へ出ると雨風が
吹き込んできました。その冷たいこと震えてすぐベストを重ね着して出かけました。
病院のTVで「現在の気温が20度しか上がっていません」と報じていました。
レインコートを着ていても寒く感じました。
野菜はますますお高く、キャベツ350円、ブロッコリー小さなのが290円で
キャベツは小さめのものがお安いところで198円のを買いました。
毎日のホットサラダに使うブロッコリーは、我が家の畑のツルムラサキを
いただいています。台風で倒れても元気で今花盛りです。

a0126618_17544782.jpg


ツルムラサキの葉をゆでて包丁で切り、すぐ使えるようにしています。

a0126618_17572073.jpg
a0126618_17570228.jpg


お味噌汁やお澄ましの青みに、サラダや胡麻和えに,ソテーしてと重宝しています。
まだミニトマトが次々に赤く色づいて、お店の従業員のお弁当に食べて貰ったりしています。

a0126618_17533373.jpg


畑には8月からず~っと真っ白のジンジャーが咲いています。

a0126618_17534727.jpg


シルバーウィークの最終日の23日に、町内の敬老会がありました。
数年前までは70歳以上に招待が来てましたが、3年前から75歳以上の方々を
ご招待です。公民館の垂れ幕。あいご会の「妖怪ウォチッチ」の合唱。
4歳のおチビのかわいいこと。長寿会の女性コーラス、最高齢は92歳です。男声合唱団も
最後は元気な役員さんたちが出て、大昔鹿児島実業高校の応援だった方が
「ふれーふれ~ なかんびゅ~」と元気なエールでみんな大拍手でした。

a0126618_18105868.jpg
a0126618_18103447.jpg
a0126618_18113000.jpg
a0126618_18111265.jpg
a0126618_18114398.jpg


公民館の入り口の桜に花が咲いていてビックリ!

a0126618_18132392.jpg
a0126618_18140222.jpg


我が家のホトトギスも咲き出しました。

a0126618_18151350.jpg


福岡の妹のところから来た小ぶりのホトトギス、

a0126618_18153859.jpg
 


[PR]
by kagosima-e | 2015-09-29 18:16 | Comments(13)

ようやくたどり着いた美術館

2週間くらい前に市の南部にある児玉美術館の竹林が紹介してありました。
何でも見たがりの夫が「きれいだな~、ぜひ見に行こう!と誘ってくれて20日の日曜日に
我が家から高速に乗り美術館へ行きました。高速を降りてから下福元町の美術館目指して
カーナビを頼りに走りましたが、昔の農道が道路になったような道で迷ってしまい
ようやくであった奥様にお尋ねすると「私もそちらのほうに行くところですから」と
親切に三差路のところまで案内してくださいました。角には「児玉美術館」と
案内の看板があり、そこから細い道路を時々ある美術館の案版を案内にして
ようやく美術館へたどり着きました。
この児玉美術館は、県内で初めての施設の美術館で、大きな杉や檜、竹林、梅や桜
楓など豊かな林に囲まれて、四季の自然が楽しめる美術館です。
きれいに整備された竹林が迎えてくれました。

a0126618_17233169.jpg
広い庭園にはここも彼岸花がいっぱいです
a0126618_17244306.jpg
竹林の看板
a0126618_17254376.jpg
賢人の径
a0126618_17265890.jpg
a0126618_17273281.jpg
美術館は館の中を小川が流れていて、小川を挟んで建物が建っています
a0126618_17293367.jpg
この美術館はちょうど前衛陶芸家の鈴木治氏の陶芸と郷土の陶芸作家たちの作品を
展示してありました。大ぶりの赤褐色の作品は力強く堂々としていました。
この美術館は海老原喜之助氏の作品の収蔵で有名な美術館です。
栗の木もありました 台風でたくさん落ちたそうで、イガイガのからが落ちています

a0126618_17354340.jpg
a0126618_17360909.jpg
野菊やゲンノショウコも見つけました

a0126618_17372704.jpg
a0126618_17365900.jpg
ハナシュクシャも咲いていました
a0126618_17391768.jpg
ここにもクロアゲハがたくさんいました
a0126618_17410297.jpg


[PR]
by kagosima-e | 2015-09-22 17:43 | Comments(10)

ヒガンバナにアゲハチョウがいっぱい

よそ様の畑の縁や田の縁に、真っ赤な、黄色の、生成や薄いピンクのヒガンバナが
お彼岸を忘れずに、沢山見られる季節になりました。
14日に県の西北の市の阿久根市に、「イセエビ祭り」に惹かれてイセエビを
食べに参りましたが,高速道を走ると、新しい道路にはヒガンバナの姿はなく、
この花はやはり人里に咲く花だと納得しました。
伊勢海老午ご膳のご馳走を写そうと思い、カメラを出しましたらなんと
バッテリー切れで写らずがっかりでした。
12日にはNPO「貴女だけの乳がんではなく」の患者会「リボンズクラブ」の
地区会が市来串木野市の江口浜の会館であり、講師の方の
ユーモアたっぷりのお話に大いに笑い
皆で大きな声で歌を歌い「元気が出るお話」そのものでした。
江口荘からの東シナ海側の海岸線

a0126618_17444555.jpg
例年娘たちと訪れる江口浜海水浴場に面しているシラスの壁の海岸線
a0126618_17465052.jpg
海岸では釣り人もいて、キス釣りでしょうか~
a0126618_17474170.jpg
お亡くなりになられてからもう5~6年になられたでしょうか、
ベックラママガ送ってくださった白いヒガンバナ、南国の強い
日差しにちょっと色黒の生成になってしまいました。
ミソハギに埋もれて咲いていましたので廻りのミソハギを抜いて
すっきりさせました

a0126618_17530299.jpg
a0126618_17544583.jpg
隣の空き地にも彼岸花が
a0126618_17555914.jpg
我が家の見返り美人のような黄色のヒガンバナ
a0126618_18092246.jpg
13日の日曜日、吉野公園へヒガンバナを見に行きました。
公園には赤いヒガンバナがたくさん植えられていて、東側の芝生には
いろんなヒガンバナが咲いています。
ヒガンバナに負けないくらい沢山の黒いアゲハチョウが飛び交っていました。

a0126618_18030090.jpg
カメラを向けると7~8羽のクロアゲハが飛び交っていて
a0126618_18043765.jpg
a0126618_18055161.jpg
a0126618_18064947.jpg
a0126618_18072114.jpg
a0126618_18103557.jpg
松の木の根元にも1輪のヒガンバナが
a0126618_18113243.jpg


[PR]
by kagosima-e | 2015-09-16 18:11 | Comments(8)

センニンソウを探して

皆様のBlogに、秋の花の「センニンソウ」が掲載されていました。
PCを始めて11年たちますが、ネットのお友達のBlogで
この花を教えて頂き、初めて私たちの身近なところに咲いている
花と知りました。昨年亡くなった義弟が入院していたP病院へ行く
道の道路わきにやぶに絡みついて咲いていて、この3年間は
毎年道路に車を止めて大急ぎで写していました。
我が家の近所には藪が無くなり、センニンソウは見つかりません。
先日温泉の帰りに狭い県道を走っていると、真っ白のこの花が見えましたが
すぐ後ろに車が走っていて、駐車する所もなく「あ~~!」と
「センニンソウ~~}と叫んで走り去りました。

昨日日曜日の朝は大雨も10時頃止み、夫に頼み込んでセンニンソウを
探しに、吉野のもっと北側の山が深くなっている所まで行き、
西郷さんが開墾していて、島津藩の炭焼き窯のあとがあった寺山近くへ
行きました。駐車場に車を止めて駐車場の手すりの向こう側に
白い花が咲いているのを見つけました。センニンソウです!
あちらこちら走り回ってようやく見つけた真っ白のセンニンソウです。
やぶを覆ってセンニンソウが咲いていました。ようやく見つけた花!

a0126618_22155105.jpg
a0126618_22161310.jpg
探している内に白いヒガンバナが咲いているお宅を見つけて、
a0126618_22204019.jpg
ピンクのクルクマも咲いていて、花弁に見えるのは部分は苞です
a0126618_22230112.jpg
a0126618_22231616.jpg
濃い色のエビネの花も咲いていました
a0126618_22250641.jpg
名前の分からないピンクの美しい花も
a0126618_22261526.jpg
ご高齢のご主人が出てこられて、花の名をお聞きするのですが、全部わからん
でした。ベゴニアの花も美しいでした
a0126618_22285936.jpg
この花いっぱいのお宅のおじいちゃんともっと話がしたかったのですが
車で待っている夫がクラクションを鳴らして、さよならしました。
西郷開墾地の帰りに吉野公園へ足を延ばしました。
広い庭園は日曜日なのに朝方の大雨が響いたのか、
人っ子一人いませんでした。♪ここは~もう秋~ 誰もいない公園~
a0126618_22353125.jpg
台風で松ぼっくりが沢山落ちて足の踏み場が無い位でした
a0126618_22364798.jpg
ヒガンバナに大きなアゲハチョウが~
a0126618_22382960.jpg
3時間近いドライブの帰りは手打ちそばのお店でお昼を頂きました。


[PR]
by kagosima-e | 2015-09-07 22:40 | Comments(10)

元ちゃんのまねっこ おいしい酢ごぼう

15号台風が大きな被害をもたらして去り、後片付けに励みたいのですが
秋の長雨で片付かず、雑草だけがどんどん増えてくる日々です。
気温は最低気温が23度前後になり、最高気温も25~28度と
ずいぶん涼しくなりました。
こちらにも来ていただいている「元ちゃん」のBlogに「酢ごぼう」の
つくりからが掲載されていました。元ちゃんからは生姜の佃煮や
キュウリのキュウちゃん等、まねっこさせていただいて皆様にも
お馴染みになっている方です。
今回は「酢ごぼう」の作り方が紹介されていて、さっそく真似っこ
させていただきました。もう3回作りおいしく食べています。
今回も皆様にご披露させていただきます。
酢ごぼうの作り方
材 料  
洗いごぼう  500g 大体4本で皮をこそげると500gになります
ザラメ    180g
酢      90cc
うす口醤油  150cc
みりん    125cc
顆粒のかつお出し 3~6gを2袋
1 洗いごぼうは4~5センチの長さに切り、縦に4~6等分に割り
  ひたひたの酢水に30分間浸けて、ザルに上げ酢水を捨てる。
2 ひたひたの水で煮てザルに上げる (少し硬さが残るくらい)
3 調味液を作り沸騰させ、その中にごぼうを入れ、再び沸騰してから
  4~5分煮る 私はここで無添加の顆粒だしを入れました
  味が落ち着き、より美味しくなりました。
4 冷めるまでそのままにしておく  ごまをふって出来上がり
冷凍保存していて、自然解凍でも食べることもできます
出来上がってから煮汁が300ccくらい出ます。
その煮汁でもう一度「酢ごぼう」が作れます。酢の味が弱くなり、
酢の苦手な人には、より食べやすくなります。
ご飯のおかず、お茶のお供としても最適ですが、
他の野菜とあえてサラダにすることも いりごまをたっぷり振って
美味しく召し上がってください
洗いごぼう4本で500g

a0126618_21305797.jpg
酢水に30分浸ける
a0126618_21322461.jpg
ひたひたの水で少し硬さが残るくらいに10分ほど煮る
a0126618_21335618.jpg
調味液を沸騰させて4~5分煮る 冷めるまでそのまま
a0126618_21351820.jpg
煮おえた調味液300cc、350gのごぼうでもう一度酢ごぼうが作れます
ゴマを振って出来上がりです
a0126618_21393438.jpg






[PR]
by kagosima-e | 2015-09-01 21:43 | Comments(8)