鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

静かな職場とうるさいおやじ

股関節を痛めてお店の仕事は郵送して貰い、領収書のPC打ち込みや棚卸のPC打ち込み
領収書野ファイル貼りなどは自宅で済ませていました。
でもお客様の寸法帳に、ご注文頂いた生地を貼って有るのをはがして、これまで
お作り頂いた履歴を台帳に残す仕事は、どうしても店へ出向いてやらなければできません。
社長夫婦が東京へ出張した日に留守番を兼ねて店で台帳に貼る仕事をしました。
26年分くらいのお客様の履歴が載った台帳ですので、あ行でも3つのファイルに分けられて
それぞれがとても分厚く重いのです。あまり動かず手際よく処理して2日で仕事は終わりました。

昔自社ビルがあるときは、4と5階が工場と休憩室で、女性の職人さんも全員既婚者でしたので
楽しいお喋りや笑い声が絶えず、男性の職人さんたちは花札ゲームを楽しんだり
昼食時はとても賑やかだった記憶があります。

現在は70歳以上の職人さんが2人60台が2人、専門学校を出て就職した女性職人さんが2人、
24歳の今年就職した職人さんが1人、営業が1人の8人で工場を運営しています。
昼食時は食後高齢の職人さんは机の下に段ボールを敷いてお昼寝。
若い3名はスマホ片手に食事をして食後もスマホをそれぞれ楽しみ、皆でワイワイガヤガヤは
まったくありません。上品でとても静かな工場です。
おばちゃんとしてはお喋りするのも皆に迷惑かしらと口にチャックです。

うるさいおやじは我が家の夫です。
長男で常に人の先頭に立ち皆にあれこれ指図してきた人なので、人に指図されるのが
一番嫌いな人なのです。でも寄る年波には勝てず「物の名前や人の名前はなかなか出てきません」
とにかく私が「あれではないの?とかこれではないの?」と言うと「わかっている!」と
火を吹くように怒ります。近所の看護士さんに愚痴ると「すぐイライラ怒るのは糖尿病気質」と
教えてくれました。スポーツ観戦も応援している方が負けそうになると怒りまくり
悪口雑言を吐き散らします。夏の野球中継は夕食時TVを見ながら、飲みながらですので
楽しみながらスポーツ観戦したい私には、ほんとに嫌な時間です。
9時ごろになると自分の部屋のTVで自分の見たい番組を見に部屋へ行きますのでほっ!とします。
先日逸ノ城と稀勢の里との対戦があったときは、稀勢の里が待ったを2度して
あっけなく肩透かしで負けたのですが、その時の怒りはすさまじく「稀勢の里はやめろ」
「日本の恥だ」とか大声で叫びまくり側にいるのが嫌私はで逃げてしまいました。
サッカーでもなんでも楽しく観戦したいのにできないと、知り合いの若い方へ話しますと
「うちの主人も同じで、食事がおいしくなくなる。同じような人がいるのですね~」と
二人で慰めあいました。勝ったり負けたりしながらのスポーツを見るのは楽しいですよね。

今日は岐阜と長野の間の御岳山が爆発して、大きな被害が出ています。
早く救助の手が伸びるよう祈ります。鹿児島も市街地に灰が降り、広く視界が遮られました。

a0126618_18190511.jpg
ビルの間から噴煙が見えます
a0126618_18191743.jpg
花農家さんから頂いたオオホサキアヤメが咲き出しました
蕾も沢山あり次々咲き出します。一日でしぼむのが残念
a0126618_18202333.jpg
a0126618_18211396.jpg
きんもくせいが甘い香りを漂わせます
a0126618_18233695.jpg
a0126618_18232185.jpg
真っ白のヒガンバナが咲き出しました
a0126618_18245110.jpg
今年はイチジクがたった一個獲れました。イチジクの木にはカミキリムシが入りボロボロです
a0126618_18260580.jpg
花農家さんのゴマの花 水キキョウ
a0126618_18285654.jpg
a0126618_18291264.jpg
a0126618_18292718.jpg
ヒャクニチソウも元気です
a0126618_18310402.jpg
a0126618_18311576.jpg
ホウセンカもヘクソカズラが近い所に咲いていてびっくり~!
a0126618_18335335.jpg
a0126618_18333993.jpg
a0126618_18332501.jpg


[PR]
by kagosima-e | 2014-09-27 18:35 | Comments(15)

秋風と共に去りぬ

台湾の下の辺りで停滞しているという台風16号、遥か彼方なのに昨日は一日中大雨と風が
吹き荒れました。国文の本の一節「野分きの風吹き荒れ」と言う言葉が頭に浮かびます。

17日の水曜日朝6時25分過ぎに義弟が入院している病院から電話があり
「血圧が低下してきているのでもう今回は持ち直さない方が強い」と事でした。
この半月くらい熱が39度以上になったり引いたりを繰り返していて、夫も週2~3度は病院へと
通っていました。吉野台地の端を降りて西へ進みまた西の丘をあがると
20分くらいで病院へ着きます。8時45分位いに着きました。
着いた時は88~89位をあがったり下がったりしていましたが、次第に下がる方が早くなり
9時9分苦しむこともなく安らかに静か旅立ちました。
21年秋山口県の萩市で倒れているのを管理人さんに見付けて頂き、社会福祉士が身内を
見つけてくれて、夫と二人で萩に行き、1か月後介護タクシーで鹿児島まで連れ帰り
用意した病院へ入院し、その半年後現在の療養型老人病院へ入ることが出来、
22年から4年間お世話になりました。その間脳梗塞を2~3回起こし胃が働かなくなり
胃瘻も出来ず点滴のみでこの1年生きてきたのです。果汁やアイスなど食べさせてやりたかったです
が嚥下能力がなく看護士さんが見守る中、アイスも3口くらいしか食べられず可愛そうでした。

義弟は昭和15年5月生まれで、74歳で兄妹の中の3人目で男兄弟の中では一番若い存在でした。
兄妹の中で一番頭がよく、鹿児島の有名進学校にを卒業して大学へ進学したのですが
学費を遊びに使い親が怒り退学させて、夫に生地の問屋へ就職させろと命令して
それからとうとう最後まで弟の世話をしつくしてしまいました。

葬儀社の一番新しい会館で私たち、妹夫婦、義弟と5名で静かにお通夜,告別式を執り行いました。
我が家の仏壇の前に祭壇を作りお花に囲まれて、お骨壺や写真を飾っています。
最低の料金での葬儀でしたが、祭壇へ20万、お通夜から告別式へ食事は全部持ち込みで
納棺に際しては、湯灌をして貰いシャンプーや綺麗に体も洗い、薄化粧をして、
義母そっくりの顔になり、夫が写真を撮れと命じましたが、それは出来ないと断りました。
皆の胸の中に穏やかな顔で眠っているのを記憶しているだけでよいのではないでしょうか。

今日は彼岸の入りでしたが、気温が20度も上らずとても寒いでした。
庭のヒガンバナを手折って、葬儀のおさがりの沢山のお花と共にお墓参りに行きました。
お墓の花やさんは鹿児島市の中心地にあるのですが、今年は雨が続き彼岸花の茎が伸びないと
市場に出されないので仕入できないと言われ、「お宅は良く咲きましたね~~」と感心されました。
ミソハギの中ベックらママの白いヒガンバナ、強い日差しに少し色がついています

a0126618_17272310.jpg
近所の白彼岸花
a0126618_17293694.jpg
我が家のピンクヒガンバナ
a0126618_17304322.jpg
ピンク芙蓉の根元の赤いヒガンバナ
a0126618_17315601.jpg
雨の中のヒガンバナ
a0126618_17323836.jpg
庭の隅の、黄色のヒガンバナ
a0126618_17342055.jpg
赤い芙蓉
a0126618_17361062.jpg
ふたつの芙蓉がこんにちは~!
a0126618_17370925.jpg
のボタンも咲き出して
a0126618_17380871.jpg
実家から移植したオールドのデユランタ
a0126618_17401218.jpg
コウリンタンポポが次々に咲いて嬉しい~~
a0126618_17410945.jpg
義妹の庭の、黒ほうずきが大きい花を付けています
a0126618_17431192.jpg
整骨院の隣の庭のセージ
a0126618_17442486.jpg
ピンクのツユクサ、トレニアも可愛い
a0126618_17450970.jpg
a0126618_17452997.jpg
台風がもっと西のコースへ進みますように~~~


[PR]
by kagosima-e | 2014-09-20 17:46 | Comments(10)