鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今年もりんごケーキ(^^♪

数日前から寒い寒いを連発している夫はストーブを一日中焚いてぬくぬくしていま
す。むつ市の最高気温9度が、鹿児島の最低気温で、もうストーブを付けたの?と
笑われることでしょう~~。

9月末頃のまだ暑い頃、店頭に紅玉が並んだ事がありました。でもまだ暑くて
孫達に送るのには躊躇してしまいます。
それから2ヶ月冷蔵で無くても天然の冷気が入るようになり、遠くへも
送れる様になりました。

今年は2つずつ2回作りました。最初はサンフジで、今回は秋映えで作りました。
a0126618_22272747.jpg

a0126618_22275842.jpg

☆ ケーキ型にサラダオイルを塗りクッキングシートの四隅を真ん中から
   切り込みを入れてケーキ型に貼り付けておきます
材 料 薄力粉 350g  砂糖 250g前後  りんご2個(紅玉などの酸味の
 強い物)玉子 5個 サラダ油(バターを湯せんしてサラダ油をカップ一杯分に
します干しぶどう 100g前後 クルミ等のナッツ類) 50g ベーキングパウダー
大さじ1 塩 小さじ1 シナモン 小さじ1 レモン汁 大さじ1 23センチ四方の
ケーキ型 180度のオーブンで我が家は中段で70分焼いています。
お宅のオーブンの調子で時間調節してくださいね。

☆ りんごを小口切りにして、塩をまぶしてレモン汁をかけて混ぜておきます
☆ 干しぶどうに熱湯をかけて置いておきます。クルみも刻んでおきます
☆ 小麦粉にベーキングパウダーとシナモンを入れて混ぜておきます
☆ 今回はバター四分の一をステンレスのカップに入れ湯せんにかけ、
   残りにサラダ油を加えてカップ一杯にします。バターを入れるとコクが出ます
☆ この辺りでオーブンを180度に暖めて置きます。
☆ ボールに玉子を割りほぐしよくかき混ぜて置きます
☆ 砂糖を少しずつ玉子に加えて良くすりつぶして置きます
☆ サラダオイルを少しずつ入れておきます。
☆ 干しぶどう、ナッツ類を入れてりんごを入れてザっくりl混ぜて置きます。
☆ ザル3枚を重ねて小麦粉を振るって入れ、さっくりと混ぜて置きます
☆ ケーキ型に混ぜ合わせた種を入れて、30センチくらいの所からストンと
   落してがす抜きをして置きます。
☆ 180度に暖めたレンジの中に入れて、我が家は70分ゆっくりと焼き上げます。
☆ オーブンに入れて温度が元に戻るのが大抵10分くらい掛かります。180度に
   戻ってから10~13分くらいして、ケーキに焼き目が付いたら
   アルミホイルで上部をおおい焦げ目の調整をします。
☆ 焼きあがったらそのまま30分くらいオーブンの中に置いて置きます
☆ さめてから切り分けます

30人くらいのお集まりの時など材料を合わせて焼くだけで簡単に出来るケーキです。
パウンドケーキ型なら3個分出来ます。ぜひりんごの季節にお作りください。

今回は娘達の所へ冷凍しておいたブタ味噌も一緒に送りました。
田舎から「もみ」を一俵いたただ来ましたので、精米機で精米する事にしまし
たが精米機を使うのは初めてで、米の種類を選び、次に白米、無洗米、八分
などの搗き方を選んで釦を押します。やっと持てる位いの大きな袋のもみを
投入口から入れて料金を投入しますが、後もう少しの所でお金を継ぎ足して
入れるようにと機械が伝えてくれ、追加の100円玉を入れても機械は動かず
夫は怒るし~~(^_^.) ただ搗き方の種類の釦を押すのを忘れているだけで
釦を押すと動き出しお金も戻ってきました。
持ちきれなかったお米は16キロくらいになっていて、「機械に取られたのでは]
~?と戦時中の飢餓時代の夫は疑っていましたが、初体験も終わりました。
新米とケーキ、ブタ味噌、みかんなど大喜びの娘達でした。

[PR]
by kagosima-e | 2013-11-20 22:35 | Comments(8)