鹿児島おばちゃんのPhoto Diary

kagocyan.exblog.jp
ブログトップ

あとぜっが止まらない 夫の単独下山行動

恐ろしい題名になりましたが、「あとぜっ」という方言は「あとから恐ろしくなる」と言う
言葉で鹿児島ではよく使われる言葉です。
26日の土曜日穏やかなポカポカ日和で、私は8時半に家を出て鍼灸院へ行き、
終って外に出た途端携帯が鳴りました。9時56分でした。なんだか接触が悪くて3回ほど切り
ようやく通じました。「今白銀の坂を降り始めている。携帯を持っているから心配するな」
と自分の言いたいことを言って切りました。すぐ夫へ電話しましたが「圏外で通じません」
と冷たい言葉が返ってくるだけです。皮膚科へ行く予定でしたがそのまま帰宅しました。
その日の近所は義妹たちはまだ上京中で、看護師さんは仕事、ドライバーさんとガイドさんの
ご夫婦も留守、退職警察署長ご夫婦も留守、ただ一人タクシードライバーさんが休日で
掃除をしておられ「何かありましたら車に乗せてくださいね」と頼みました。
交番へも電話しました。「どんな服装ですか?と聞かれましたが、「分かりません」としか
返事できません。私が出かけた8時半にはまだどこに行くか本人は何も言ってなかったのです。
「たぶん黒の冬のスポーツウェアー上下と思います。と申しましたが「赤いセーターに
赤いダウンベスト、グリーンや茶色の渋いチェックのニッカポッカ」で全く違いました。
15分おきくらいに電話入れますが「圏外です」と繰り返すだけでした。
でも11時20分にかけると、夫の声が聞こえて携帯が通じ胸をなでおろしました。
白銀(しらがね)の坂は、姶良カルデラの端っこで、鹿児島市の450メートル以上の牟礼岡から
姶良市の重富の街をつなぐ、大変な急所の坂道です。参勤交代の時お殿様も馬を降りて
歩かれるくらいの大きな岩が連なる難所なのです。「もう重富の街が見えて大丈夫だ」
もう7~8年前私と二人で白銀の坂を下りた時は、広い山中通る人はだれもおらず、重富の
町に行く途中出会ったのはたった二人だけでした。この日は途中山を管理している組合の
方とお連れになったと、申しほ~~っとしました。
愛宕山神社にお参りして横のレストランで食事をして、お店の方がJRの駅まで送ってくださり
自宅に帰り着いたのは3時になっていました。
かかりつけ医のS先生「冬は気温の変化も激しいし、いつどんなことが起きるかわからない
単独行動は絶対しないように」と言われましたが、「気持ちがよかった~」
「またどこか行きたい」と、性懲りもなく申しています。その日に持って行ったのは
バナナ2本だけでした。水も持参してなかったのです。あとぜっがするね~と皆言ってます。
青空に大きな皇帝ダリア、私よの倍くらいありそうな もうおしまいに近いです。
a0126618_1543819.jpg

先日干し柿をたくさん干してあるお宅を見つけました。また畑のサツマイモも収穫して
竿に掛けてあります
a0126618_1581145.jpg

a0126618_1584085.jpg

お茶の花も花盛りでした
a0126618_159327.jpg

鍼灸院への細道、この道路の向こう側で足を骨折しました。野の花と出会える貴重な道です
a0126618_15112379.jpg

近くのスーパーマーケットの横で野菊の茂みを見つけました。
a0126618_15125259.jpg

a0126618_15133863.jpg

マメ科の黄色い花、お名前は? 晩秋の貸し農園です。
a0126618_15143531.jpg

ツワブキの花のもう終わりに近いです
a0126618_15172578.jpg

薩摩ノジギク今年も咲いてくれました。カメラが帰ってきて間に合ってよかった~
a0126618_1519535.jpg

花農家さんよりお墓参りにもっていく菊の花たくさんいただきました。
深ネギと人参も持っていきなさい!と、ほんとにやさしいご夫妻です。
a0126618_1521479.jpg

公園のイチョウがようやく色づき始めました。ふと足元を見るとカヤのようなものが
a0126618_15242487.jpg
美しく輝いていました。
a0126618_15251552.jpg
a0126618_1525412.jpg

[PR]
by kagosima-e | 2016-11-30 15:26 | Comments(12)
Commented by mitikusa-tukasa at 2016-12-01 21:11
鹿児島おばちゃん、こんばんは
ご無事で、結果オーライですが、心配な時間を過ごされましたね。
ご近所の大切さ身に沁みます。

干し柿の吊るされた景色、昔の祖父の庭を思い出しましたよ
最近は見る事のない景色です。
Commented by ピーコ at 2016-12-01 23:29 x
かごちゃん こんばんは~
コメント欄、最近何故か?入れない事が多いですが
今日は入れましたよ。
ご主人様、一人で出かけられてハラハラしましたね。
携帯電話も園外なら役に立たないし心配ですよね。
我が家も1時間近く帰って来ない時は
電話を掛けて居場所を聞き 迎えに行っていました。
Commented by 元ちゃん at 2016-12-02 13:41 x
カゴさんこんにちは
カメラが無事退院したようですね。
新しいものを・・・といってもやはり使い慣れた物が一番です。
ご主人様も何事もなく良かったです。日頃のカゴさんの心遣いがご近所の方たちの力添えの源でしょうね。
Commented by kagosima-e at 2016-12-02 18:59
TUKASAさん こんばんは~!

何事もなく無事に帰って来れましたが、足を取られて捻挫などしたら
携帯が圏外となり通じず、恐ろしいことになっていたでしょう。
背中がゾクゾクあとぜっがしました。
ご祖父さまのお宅にはお庭に吊るし柿を干していらした思い出をお持ちなのですね。
私が歩き回る範囲で干し柿をしておられるのはこのお宅が
一軒だけでしたよ。私も昔は竿に干し柿を干していましたが
渋柿が売られなくなって作ることもなくなりました。
Commented by kagosima-e at 2016-12-02 19:06
ピーコさん こんばんは~!

コメント欄に入れないのですか~?どうしてでしょうね~!
PCのご機嫌、気まぐれで困りますね。機械音痴の私にはさっぱり分かりませんのよ。

携帯に折り返し電話した時、今まで通じていた携帯が「圏がいです」と
返事した時は絶望でした。夫にはきつ~~く注意しましたが
聞く耳を持たない感じなので心配です。
義妹がいる時ならまだ心配ないのですが。
Commented by kagosima-e at 2016-12-02 19:15
元ちゃん こんばんは~!

カメラ無事に退院しましたよ。カメラ自体は悪い所はなかったそうでほっ!でした。
原因は何と電池切れで、恥ずかしくて大ぴらに申せません。
きれいに掃除して戻ってきました。1080円也でした。
夫は無事に戻って来ましたが、岩の所で踏み外したりしてあしを
くじいたらなどと考えると、あとぜっが止まりません。
Commented by くるりんねこ at 2016-12-03 23:04 x
こんばんは♪
ご主人様と連絡がとれなくて心配されましたね。大事にならずに良かったですね。
さて、前回のキナリの小さな花は、イタドリに似ている様に思いますが、葉がちょっと??かな~
今回の黄色い花は、5月頃近所で見たムラサキセンダイハギ(紫色)に似ています。ムラサキセンダイハギで調べたところ、黄色い花で《ベビーマラカス》というのが有りました。9月頃開花、サヤが膨れ、中に小さな種が出来る。と有りました。調べてみて下さいね。
Commented by kagosima-e at 2016-12-04 13:45
くるりんねこさん こんにちは~!

今夫は散歩に出ていますが、「携帯の通じるところを歩いてね」と言って出しました。
何時も調べて下さって有難うございます。
私も検索させて頂きました。
「いたどり」は今注目の植物ですね。私も股関節が痛い時
「いたどり」の健康補助食品を取り寄せて飲みました。
東北の植物と思っていましたが、南国にもあると知り驚きましたよ。
センダイハギは、花の形は似ていますが色が紫色の花ですね。
ベビーマラカスがやはり一番似ているようですね。
最初ルーピンかな?と思ってシャッターを押しましたが
花がばらばらについているのでルーピンではないですね。
何時もお調べくださって有難うございます。
Commented by puchitomato-s at 2016-12-06 15:49
かごちゃん (^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^)

まぁ どんなにビックリされたことでしょう。
本人は陽気に誘われて散歩に出かけたつもりだったんでしょうね。
何事もなく無事で胸を撫でおろしたことでしょう。良かった良かった。

こちらはお天気が荒れてきました。予報通りに・・・
Commented by kagosima-e at 2016-12-06 21:54
プチさん こんばんは~!

携帯がすぐ圏外で通じません!と言った時はほんとに背筋がぞ~~っとなりましたよ。
暖かいお天気だったので良かったですが、
山は大きな木があり日陰は冷たく寒いですものね。
もう圏外の所へは、一人で行かない固い約束をしました。
もうプチさんの所は根雪が降る頃で寒いでしょうね~!
暖かくしてお風邪を召されませぬようにね。
Commented by ikutoissyo at 2016-12-07 11:12
ご心配でしたね。ご無事で何よりでしたが、その間の不安は如何ばかりだったかと・・・。
今、我が夫も検査検査の日々を送っていますが、もっと「自分の年齢の実感」を持ってほしいと、毎日腹を立てています。
いつも尻拭いは私なんですから・・。
Commented by kagosima-e at 2016-12-07 14:27
domaniさん こんにちは~!

今何歳なのか、自分の年も忘れて自分勝手に飛び出していく夫です。
ご主人様もなんだか似ていますね。やはり検査が続かれますか。
お互いにがんっこなご亭主もちで大変ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード